カフェモンマルトル

text:高野雲

*

私にとってベースという楽器は

      2016/01/20

Pocket

souko

メロディ楽器。

だと思っている。

低音楽器以上に。

太く甘く低いトーンの描く旋律は、しなやかな主張を持つ。

そして、発する低音の力強さと存在感は、アンサンブルを先導し、根底から支える「鼓動」にもなり得る。

それが私にとってのベース。

ベースを弾くときは、指板の位置や、指を置く位置関係であまりフレーズを考えない。

ピアノ弾きの発想と言われたことがあるが、やはり、どちらかというとピアノの鍵盤で考えた旋律を無意識に4本の弦に置換しているのかもしれない。

記:2000/11/23

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。