カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ザ・ビーチ・ボーイズ・ベスト・オブ・トリビュート

      2016/11/08

Pocket

THE BEACH BOYS BEST of TRIBUTETHE BEACH BOYS BEST of TRIBUTE

夏だ! ビーチボーイズだ!

え?
ベスト盤は持っている?
『ペットサウンド』も持っている?

じゃあ、今年の夏は、ちょっと切り口を替えて日本のアーティストによるビーチボーイズなんてどうでしょう?

エッセンスは、そのまま、ニュアンスは、カヴァーアーティスト独自のもの。

「誰がどうあがいたって、オリジナルにかなうわけないさ」

そりゃ、ミュージシャンによって出来不出来の差はあるだろうけどさ、リアルタイム経験者を気取ったオッサンみたいなこと言ってないで、ビーチボーイズ好きな人は、とにかく聴いてみましょうよ。

それに「かなう・かなわない」だなんて、音楽はケンカじゃないんですから。

誰だって、自分が好きなミュージシャンを、他人がどう感じているのか、ちょっとは興味があるはず。

日本のミュージシャンが、ビーチボーイズをどう聴き、どう解釈しているのか、その明快な答えがコレです。

Ai Miyakawaの《サーファーガールズ》はイマイチだけど、槇原敬之の《Wouldn't It Be Nice》はエエなぁなどと、自分のビーチボーイズ観と、それぞれのミュージシャンのビーチボーイズ観のシンクロや齟齬もあるでしょうが、好きな曲の好きな部分を活かした解釈をしてくれた曲にめぐり合えたときはなかなか嬉しいものです。

もちろん、ビーチボーイズを知らない人も、このトリビュート盤から入門するもの悪くない。さあ、あなたは誰のビーチボーイズが好き?

▼収録曲
1. Wouldn’t It Be Nice
2. Do You Want To Dance?
3. Surfin’ U.S.A
4. Kokomo
5. Sail on sailor
6. Fun,Fun,Fun
7. Caroline no
8. California Girls
9. Good Vibration
10. Surfer Girl
11. In My Room

記:2009/07/21

 - 音楽