レッド・ホット・チリ・ペッパーズ・プレイズ・モンク

      2016/03/07

Pocket

アウト・イン・L.A.アウト・イン・L.A.

レッド・ホット・チリ・ペッパーズがモンクのカバーをしているという。

収録アルバムは『アウト・イン・L.A.』。

だいぶ前になるが、私のページにいらした方が、掲示板で教えてくれた。

“レッチリ”とモンク。

意外な組み合わせだ。

ちょっと興味が沸いてきたので、早速アルバムを購入してみた。

曲名は《F.U.》。

恐らく“Fuck U(you)”の略なのかなと思ったら、案の定そうだった。

カバーしている曲は《ベムシャ・スイング》。

『セロニアス・モンク・トリオ』や、『ブリリアント・コーナーズ』等に収録されているミディアムスローの曲だ。

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ

ブリリアント・コーナーズブリリアント・コーナーズ

一聴した感想。

カバーというよりも、たまたまモンクの曲が囃し(はやし)のモチーフとして使われているだけ。

われわれが小学生の時に、

 ♪わーるいな、わーるいな、せーんせいに、いってやろ

関西だと、

 ♪いーやや、こーやや

と悪いことをしたヤツを囃し立てたように、レッチリは、「ファック・ユー、おまえの家族全部、おまえのガキども糞くらえ」という歌詞を載せるのに適当なメロディ素材として、モンクの《ベムシャ・スイング》を選んだだけのような気がしてならない。

悪口や、人をはやしたてるメロディというのは、

 ♪ばーかー、かーばー、ちんどんやー、おまえの母さんデーべーソー

ではないが、単純明快な旋律の方が意味が伝わりやすい。

とぼけた旋律の方が、よりいっそう送り手の「馬鹿にし度」と、受け手の「屈辱度」が増す。

《ベムシャ・スイング》のメロディも考えてみれば単純素朴と言えなくもない。少なくとも口ずさみやすいメロディなことは確かだ。

構造は複雑だが、外面は素朴なモンクのメロディが、このようなところで使われていたとは、何とも面白い気がする。

『アウト・イン・L.A.』というアルバム全体は、パキッと引き締まった小気味良い演奏が続くのだが、その中で異物感の強い《ベムシャ・スイング》だけがひときわ強い異彩を放っていた。

記:1999/08/25

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。