カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ザ・コンプリート・ブルース・ブラザーズ/ブルース・ブラザーズ

      2017/12/12

Pocket

The Complete Blues Brothers

ブルースといえば、戦前派が大好きな私ですが、いざ、バンドで何かブルースをやってみようと思ったり、セッション現場においての「共通言語」を身につけるにあたっては、やはり、マディ(・ウォーターズ)や、この盤を重宝させていただきましたね。

なんといっても、楽しい、ノリノリ。
こういう単純明快さも良いよね。

楽器弾きなら、演ってみたい!と思わせるなにかがあるし、楽器弾きじゃなくても、その空気に参加したい!
と思わせるものが強烈にありますからね。

で、このアルバムはこれは、彼らの集大成。

2枚組みからいきなりドッカリと彼らに浸かったり、サラリと流して、お好きなとっかかりを見つけるのも一興かと。

そういえば、最近あまり聴いてないな。

 - ブルース