カフェモンマルトル

text:高野雲

*

嗚呼、ウッドベース~大変だけど、やっぱり魅力のある楽器なんだよね。

      2016/09/20

Pocket

contrawood

ウッドウッドベースならではの特徴を列記してみる。

デカい。

重い。

ゆえに、持ち運びが大変。

しかも、人やモノにぶつけやすい。

デカイくせにもろい。
だからすぐに木がへこんだり傷がつく。

修理が大変。

そして、修理にお金がかかる。

また、ぶつけドコロが悪いと駒がズレる。

デカいわりに、音が小さい。

メンテナンスが大変。

場所をとる。

部屋の中の置き場所確保が大変。

ケースの出し入れが大変&面倒くさい。

高価。

弦も高い。

駒も高い。

弓がもっと高い。

……などなど、ウッドベースを持っているだけで、自動的に面倒なことをたくさん抱え込むことになる。

しかし、上記のような事柄にもメゲずに、なぜ人はウッドベースを弾くのか?

「人は」という言い方はヘンか。

誰もが弾いているわけではないのだから。

「一部の物好き」は、なぜ、それでもウッドベースを弾くのか?

音が良いから。

ウッドベース特有の太くて暖かい音色に魅了されるから。

そして、なによりウッドベースが大好きだから。
……だと、思う。

そして、ウッドベースにハマッてくると、上記のマイナス要因をも含めて、ウッドベースを愛おしく感じてきてしまうから、不思議なものだ。

そういえば、「高い」って書いたけど、最近は随分と安価なウッドベースが販売されるようになってきましたね。

記:2002/01/14

 - 音楽

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。