カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ダニー・ハサウェイ・アンソロジー/ダニー・ハサウェイ

      2017/05/31

Never My Love: the AnthologyNever My Love: the Anthology

ネヴァー・マイ・ラヴ

ダニー・ハサウェイのCD3枚組セット『ネヴァー・マイ・ラヴ:アンソロジー』が発売されましたね。

これ、何がいいかって、未発表音源が満載なのです。

しかも、注目すべきはdisc2。

未発表のスタジオで録音された音源が13曲も収録されているんですね。

これはつまり、発表されずにお蔵入りになっていた音源ですが、当然、レコードとして発売されること前提で録音されたものなわけですよね。

ですので、この未発表音源を聴いていると、まるでダニーの新譜を聴いているような錯覚に陥るのです。

さらに、disc3。これには未発表ライブ音源が収録されています。

もう興奮ものです。

なんと77分も、これまで聴いたことがなかったライブを楽しめる。

ギターはコーネル・デュプリーだし、やっぱええなぁ。

ダニー・ハサウェイの彼の声とエレピを聴いていると、身体の裏側からムズムズと興奮してきます。

そう、疲れた心を心地よくほぐしてくれる音楽のがダニー・ハサウェイなのです。

これは凄いことです。

こんなにも充実した内容のものが2600円ちょっとで買えちゃうんですから、いい世の中になりました。



sponsored link



ダニー・ハサウェイ ライヴ

さて、初めてダニー・ハサウェイを聴こうとする方には、いきなりBOXセットはハードルが高すぎるかもしれません。

そこで、入門者にオススメの1枚といえば、やっぱり『ライヴ』!

これにつきるでしょう。

マーヴィン・ゲイの名曲《ホワッツ・ゴイング・オン》で始まる、このライブアルバムは、最初からノリノリ。ライブの熱気をゲップがでるほど味わえる超オススメ盤なのです。

このライヴに参加しているベーシストは、ウィリー・ウィークス。

ベーシストにとっては、彼の絶妙なノリやフレーズの数々は、良いお手本にもなること請け合いです。

特に、ラストのメンバー紹介のナンバーでは、彼のベースソロが聴けます。

聴いていると、嬉しくなってくるようなベースソロです。

全ベーシスト必聴といっても過言ではないでしょうね。

記:2013/11/21

 - 音楽 , ,