カフェモンマルトル

text:高野雲

*

テン・トゥ・フォー・アット・ザ・ファイヴ・スポット/ペッパー・アダムス

      2017/05/20

10 トゥ 4 アット・ザ・ファイヴ・スポット10 to 4 at the Five Spot

高音域のトランペットと、低音域をカバーするバリトン・サックス。

この二つの音色のコンビネーションは、明確なコントラストがあり、気持ちが良いものだ。

バリトン・サックスのペッパー・アダムスと、トランペットのドナルド・バードの双頭コンボ。

この2人の共演は、ブルーノートの吹き込みに多い。

ただ、リーダーがドナルド・バードのものが多いためか、比較的アレンジ重視の知的にコントロールされた演奏が多かった。

ところが『10・トゥ・4・アット・ザ・5スポット』は、ジャムセッションに近いライブ演奏のため、細かなアレンジはすっ飛ばし、とにかくアドリヴ一本の直球勝負の演奏が繰り広げられている。

ブリブリとと押しまくるペッパーのバリトンの強引さも爽快だが(音色のおかげで、より一層、そう聴こえますね)、それに応酬するかのようなバードのトランペットも、いつになく熱い。

熱い2人をさらに盛り上げるドラムはエルヴィン・ジョーンズ。

若かりし日のエルヴィンの豪快なプレイも楽しめる。

また、結構ゴリゴリとしたバッキングで、フロントの背中を押し続けるボビー・ティモンズのピアノもなかなかだ。

タイトル通り、夜中の10時から朝の4時まで、勢い全開の白熱ジャムセッションだ。

多少荒っぽいが、この荒っぽさも熱気を盛り上げる1つのファクターとして、充分に機能している。

ザクっとしたバリトンが持つ低音の魅力。

この低音が疾走する様を存分に堪能して欲しい。

album data

10 To 4 AT THE 5-SPOT (Riverside)
- Pepper Adams

1.'Tis(Theme)
2.You're My Thrill
3.The Long Two/Four
4.Hastings Street Bounce
5.Yourna

Pepper Adams (bs)
Donald Byrd (tp)
Bobby Timmons (p)
Doug Watkins (b)
Elvin Jones (ds)

1958/04/15

記:2004/06/17

 - ジャズ , ,