カフェモンマルトル

text:高野雲

*

アダムズ・アップル/ウェイン・ショーター

      2017/05/31

Pocket

アダムス・アップル+1Adam's Apple

ショーターの『アダムズ・アップル』に収録されている曲の中では、バラードナンバーの《テル》が好きだ。

コルトレーンの《ネイマ》に似たフレーズもところどころに登場するが、《テル》は《ネイマ》よりも抽象的なメロディで、ミステリアスな美しささえ感じられる。

ショーターがブルーノートに吹き込んだ『アダムズ・アップル』は、マイルスの元でも演奏された《フット・プリンツ》や、当時、リー・モーガンの《サイドワインダー》を皮切りに流行りだった8ビート風ジャズロックのタイトル曲が収録されているということで知られているが、私にとっては、やっぱり《テル》のアルバムという印象が強い。

これぞ「ショーター気分」とでも言うべき、展開や落としどころのまったく見えない曲想、アドリブの展開。終始漂うアンニュイなムード。

ゆくあての分からぬメロディラインを追いかけているうちに、いつしか異界に誘われてしまいそうな、そんな錯覚すらも抱かせてしまう魅惑的なナンバーなのだ。

ハンコックのピアノの伴奏も素晴らしく、聴き手にヒントを与えすぎず、いやむしろ想像力をかき立てるかのような和音を放り投げてくれる。

この《テル》は、映画音楽にも合いそうなナンバーだ。どのようなシーンにも似合ってしまうような懐の深さ、というより鑑賞者の想像力で補う余白があり、どんなシーンにも似合うかわりに、いくらでも深読みできそうなムードまで付与してしまいそう、そんな曲《テル》を夜にボーっと聴いていると、大げさに言えば魂がとろけてしまいそうな気分になる。

《アダムズ・アップル》や《フットプリンツ》中心に聴いていた方、いまいちど、じっくりと耳を傾けてみてください。なんだかよくわからないけど不思議な魅力を持ったショーター独特の世界に浸ることが出来ますよ。

記:2014/06/08

album data

ADAM'S APPLE (Blue Note)
- Wayne Shorter

1. Adam's Apple
2. 502 Blues
3. El Gaucho
4. Footprints
5. Teru
6. Chief Crazy Horse
7. The Collector

Wayne Shorter (ts)
Herbie Hancock (p)
Reggie Workman (b)
Joe Chambers (ds)

1966/02/03

 - ジャズ , ,