カフェモンマルトル

text:高野雲

*

アローン(アゲイン)/ビル・エヴァンス

      2017/05/22

Pocket

Alone AgainAlone Again

ソロでレコーディングした作品の『アローン』から7年。
再び孤独な作業に没入したエヴァンスのソロピアノ集が『アローン(アゲイン)』だ。

ただし、『アローン』で感じられた「アローン感」は陰を潜め、むしろ曲(素材)と真摯に向き合った成果ともいうべきか、ジャケットのヒゲ&メガネのエヴァンスの姿もダブり、学者エヴァンスがピアノで研究・探求を重ねたレポートという趣きだ。

ただ研究と書いてしまうと、カタックルシイイメージがついて回るかもしれないが、エヴァンスの研究目線は、「どう弾けば、曲が生きるか」につきるわけで、むしろ、躍動感に満ち満ちた演奏が多く、そこのところも、『アローン』とは一線を画するところ。

どこまでも「陽」なイメージの漂うこのアルバムは、『アローン』のイメージを払拭する「アゲイン」なレコーディングなのだ。

とはいえ、表面的な音の佇まい(響き)などとは裏腹に、より一層エヴァンスのピアノは深みに達している。

真剣に聴けば鳥肌が立つかもしれない。

記:2007/08/10

album data

ALONE(AGAIN) (Fantasy)
- Bill Evans

1.The Touch of Your Lips
2.In Your Own Sweet Way
3.Make Someone Happy
4.What Kind of Fool Am I?
5.People (Jule Styne, Bob Merrill) – 13:37

Bill Evans (p)

1975/12/16-18

 - ジャズ ,