カフェモンマルトル

text:高野雲

*

コルトレーンとアイラーの違い

      2017/05/21

web

アイラーとトレーン

ジョン・コルトレーンとアルバート・アイラー。

過剰なほどにエネルギッシュなテナーサックス奏者というイメージを抱く人も少なくないのではないでしょうか。

もしかしたら、コルトレーンに関しては『バラード』のイメージが強いので、「過激」というイメージを抱けないという方もいらっしゃるかもしれませんが、コルトレーンは後期になればなるほど、どんどん過激な演奏姿勢に変貌していきます。

この二人の関係はといえば、コルトレーンはアイラーに触発され、アイラーもコルトレーンからの影響を受けていました。

アメリカ激動の60年代、ジャズもどんどん先鋭的かつ過激にエスカレートしてゆく中、まるでそれとシンクロするかのように、この2人が発するサックスの咆哮も大きなヴァイブレーションを帯びるようになり、同時代の人々のみならず、現代の「音聴き者」たちの耳をも挑発してやまないのです。

しかし、一見同じように見える(聴こえる)コルトレーンとアイラーのテナーサックスですが、ずいぶんとエネルギーを放射する際のベクトルや、アプローチは異なっています。



sponsored link



横の情報量・縦の情報量

「横の情報量」の多さがコルトレーンだとすると、アイラーは「縦の情報量」が多いテナーサックス奏者なのではないかと私は考えています。

時間軸(横軸)に沿って、「シーツ・オブ・サウンズ」と呼ばれるほど、大量の音符を吹きまくるコルトレーン。
特に後期になればなるほど、その熱量はハンパないものになってきます。
中空に放たれる音符の量が増えれば増えるほど、演奏時間も長尺化していきました。

その一方で、横方向に流れる時間に沿って音符を敷き詰めるコルトレーンとは、ある意味対極なのがアルバート・アイラー。

同じ熱量やエネルギーは、情報過多でありながらも、情報量を凝縮、圧縮して短時間でインパクトを与えるのがアイラーの縦揺れのバイブレーションなのでしょう。

音符の量は、コルトレーンよりも少ないものの、一音一音に込められた音価、音の情報の密度が高い。

ビブラート、フラジオ、グロウル……。

とにかく、一度にたくさんのニュアンスを少ない音に込めまくっているため、かなりこちらにガツーンと迫ってくるんですよね。

余談ですが、エリック・ドルフィーも初期は「横系」、後期になるに従って「縦系」のスタイルに変化していきましたね。
>>水平ドルフィー⇒垂直ドルフィー

では、ひとつひとつの音に過剰な情報量を封じ込めたアイラーのお勧めは?

もちろん、おすすめアルバムはたくさんあるのですが、やはり『スピリチュアル・ユニティ』のアイラーのテナーサックスが素晴らしいと思います。

サニー・マレイのシンバルの連打も凄いし、ゲイリー・ピーコックのベースは謎だらけ。
グワ~ッ!と、音の洪水が猛烈な勢いで迫ってきます。

シンプルなピアノレストリオという編成なのに、いったい、襲いかかってくる音の情報量の多さはなんなんだ!?

そんなことを考えているうちに、暴風雨のような演奏はあっという間に終了し、静けさの中から生まれるムードは、まるで台風一過のようなのです。

もし、これから『スピリチュアル・ユニティ』を買って聴いてみようと思われる方がいらっしゃれば、ESP50周年記念エディションの「完全版」のほうをおすすめします。

幻の5曲目、《Vibrations AKA [tune Q]2 (Bonus track)》が復活し、収録されています。

8分間のスリリングな演奏。
これのナンバーもまた素晴らし♪

記:2015/07/08

関連記事

>>スピリチュアル・ユニティ/アルバート・アイラー
>>スピリチュアル・ユニティのサニー・マレイ

 - ジャズ ,