バード・イン・タイム 1940-1947/チャーリー・パーカー - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

バード・イン・タイム 1940-1947/チャーリー・パーカー

   

Pocket

Bird in Time 1940-1947

資料的価値の高い音源だが

このディスク4枚で構成される『バード・イン・タイム 1940-1947』は、現存する最古の録音から、私家録音、ラジオ放送の音源など、貴重な演奏がふんだんに盛り込まれている。

資料的価値が高い上に、やはりパーカーの「あの唯一無二」のアルトサックスを心ゆくまで堪能できるという面においても、パーカーファンを自認する人は、ぜひ所有しておくべき音源だろう。

しかし、購入したらしたで、書棚の肥やしになってしまいがちな百科辞典のように「所有している安心感」で、聴かないまま死蔵されてしまう懸念もある。

もちろん、ディスク1の最初から、4枚目のラストまで、順を追って律儀に聴く必要はないが、折に触れて「今日は、カンサス時代のパーカーを聴いてみようかな」というように、その日の気分でポイントを絞って日常的に耳を通して欲しい。

なにも「研究するぞ!」と気張らなくても、日常的に楽しめる演奏が多いからだ。

ギターとデュオの《ボディ・アンド・ソウル》

その取っ掛かりになる素晴らしい演奏を1曲だけ紹介。

まず、何はさておき《ボディ・アンド・ソウル》を聴いてみよう!

この曲は、バージョン違いで数曲収録されているが、おすすめは、ディスク1の《Body and Soul #2》だ。

これは、ギタリストエファージ・ウェアがパーカーのアルトサックスを伴奏するシンプルなデュオによる演奏だ。

ウェアが、「ジャッ・ジャッ・ジャッ・ジャッ」とコードを4つ刻みで伴奏している上に、パーカーは淡々と、しかし流れるような音数の多い吹奏を繰り広げている。

必要以上に情感を込めておらず、とにかく淡々とその場、その場でもっとも最適な音風景を紡ぎ続けているという感じ。

しかし、その合間からにじみ出る、カラリと乾いた哀愁がたまらないのだ。

途中で、倍テン(倍速テンポ)になるところもスリリングではあるけれども、まったくもって演奏のボルテージは変わらない。

軽々と、やすやすと、そして淡々としていながらも、しみじみとした情感を放出しているのだ。

こういう「日常的に繰り広げていたであろう何でも無い演奏」に触れることで、かえってパーカーの凄さを痛感することだろう。

自分フェイヴァリットを探せる宝の山

もちろん、このディスクセットには、このようなシンプルかつ素朴な演奏のみならず、順を追って聴けば、スタイルが確立されていく過程をまるでドキュメントのように楽しめるし、やっぱりディジー・ガレスピーとともにニューヨークで繰り広げた華々しい演奏は、エキサイティングだ。

まさにタイトルどおり、1940年からの7年間のチャーリー・パーカーの足跡をざっくりと追いかけることが出来るという意味でも貴重なセットではある。

しかし、多くのパーカーファンは、研究者ではなく、私もふくめ、あくまでパーカーの音やプレイに魅了され「パーカー聴いて良い気分になりたい」という、ごくごく自然な欲求を持った人たちだと思う。

よって、自分自身が「良い気分にひたれる」演奏を、このセットの中から無責任かつ気分まかせに抽出し、日常的に聴いて楽しめる曲を探し出して欲しい。

私の場合は、その最初の1曲が《ボディ・アンド・ソウル #2》だった。
このように「自分だけの愛聴曲」を探し出す楽しみもある「宝の山」が『バード・イン・タイム 1940-1947』なのだ。

記:2019/03/26

収録曲

BIRD IN TIME 1940-1947 (ESP-DISK)
- Charlie Parker

disc1
1.Charlie Parker Interview - Remembers family, high school band, early gigs.
2.Honeysuckle Rose/Body and Soul
3.I Got Rhythm
4.I've Found a New Baby
5.Body and Soul
6.Moten Swing
7.Coquette
8.Oh Lady Be Good
9.Wichita Blues
10.Honeysuckle Rose
11.Max Roach Interview - Meeting Bird - Cherokee 1943
12.Cherokee
13.St. Louis Mood
14.I Got It Bad
15.I'm Forever Blowing Bubbles
16.Hootie Blues
17.Swingmatism
18.Theme: Love Don't Get You Nothin'
19.Cherokee #2
20.My Heart Tells Me
21.I've Found a New Baby #2
22.Body and Soul #2

disc 2
1.Sweet Georgia Brown
2.I Got Rhythm #2
3.Max Roach Interview - Musicians Coming to New York
4.Boogie Woogie
5.Shoe Shine Swing
6.Body and Soul #3
7.Embraceable You
8.Charlie Parker Interview - Rubberlegs Williams
9.That's the Blues
10.Charlie Parker Interview - Clyde Hart All-Stars 1945
11.Dream of You
12.7th Avenue
13.Charlie Parker Speaks - The Earl Hines/Billy Eckstine Bands
14.Charlie Parker Speaks - The Song - Mop Mop
15.Mop Mop (Excerpt)
16.Theme: Round Midnight
17.711 (Roll 'Em)
18.Cootie Williams Speaks - Introduction
19.Do Nothin' TIll You Hear From Me
20.Don't Blame Me
21.Perdido
22.Night Cap
23.Saturday Night
24.MC Announcement
25.Floogie Boo
26.MC Announcement #2
27.St. Louis Blues
28.Max Roach Speaks - Dizzy Gillespie Introduces Charlie Parker to New York
29.Sweet Georgia Brown #2
30.Lover, Come Back to Me

disc3
1.Teddy Edwards Speaks - West Coast Music Scene - Mid 40's
2.Intro
3.Shaw 'Nuff
4.MC Announcement #3
5.Groovin' High
6.MC Announcement #4
7.Dizzy Atmosphere
8.Milt Jackson Speaks - West Coast Music Scene - Mid 40's
9.Salt Peanuts
10.Diggin' Diz
11.Roy Porter Speaks - The West Coast Club Scene #1
12.Teddy Edwards Speaks - Charlie Parker Playing With Maggie
13.Howard McGhee Discusses His History
14.Jam Session - Announcement
15.Tea for Two
16.Body and Soul #2
17.Cherokee #3
18.Teddy Edwards Speaks - Maggie - Charlie Parker's First Dial Date
19.Roy Porter Speaks - First Dial Session
20.Roy Porter Speaks - Second Dial Session
21.Lover Man
22.Max Is Makin' Wax (aka Chance It)
23.The Gypsy
24.Bebop
25.Roy Porter Speaks - Second Dial Session - Continued
26.Teddy Edwards Speaks - After Charlie Parker's Collapse
27.Howard McGhee Remembers Charlie Parker
28.Lullaby in Rhythm Pt. 1
29.Lullaby in Rhythm Pt. 2
30.Homecooking - 1 - Lullaby in Rhythm
31.Homecooking - 2 - Cherokee
32.Homecooking - 3 - I Got Rhythm

disc4
1.Earl Coleman Speaks - This Is Always / Dark Shadows Pt.1
2.This Is Always
3.Dark Shadows
4.Earl Coleman Speaks - This Is Always / Dark Shadows Pt.2
5.Roy Porter Speaks - The Hi-De-Ho Club 1947
6.Dee Dee's Dance
7.Roy Porter Speaks - Maggie Playing At Fast Tempos
8.Earl Coleman Speaks - Maggie
9.Milt Jackson Speaks - Meeting Maggie
10.Introduction - Ko Ko
11.Hot House
12.Fine and Dandy
13.Introduction to Koko
14.On the Sunny Side of the Street
15.How Deep Is the Ocean
16.Tiger Rag
17.Theme: 52nd Street Theme
18.Intro: 52nd Street Theme
19.Donna Lee
20.Theme: Koko
21.Roy Porter Speaks

 - ジャズ