ペギー・リーとデューク・ピアソンが描くブラックコーヒー

      2017/05/21

Pocket

coffee

ペギー・リーのハスキーで、耳のそばで囁かれるような、ゾクッとするようなヴォイス。

やはり、彼女の代表曲とされる《ブラック・コーヒー》が良い。

ブラック・コーヒーブラック・コーヒー/ペギー・リー

高めの女性の声を思いっきりトーンを落として、低音ヴォイスで歌うゆえ、そこにはブラックコーヒーのようなビターなニュアンスが生まれるのだ。

では、インストのブラックコーヒーは? というと、私はデューク・ピアソンの初リーダー作『プロフィール』に収録されているバージョンが好きだ。

プロフィールプロフィール

コーヒーのほろ苦い味を描いたのがペギー・リーだとすると、ピアソンのピアノは、まったりとした大人の時間をピアノという絵筆を使い、時間というキャンバスに淡々と描写しているる。
そう感じる。

ペギー・リーのウィスパーヴォイスが低音なのに対して、デューク・ピアソンのピアノは高音を用いて「歌って」いるのが面白い。

この両者を聴き比べれば、同じブラックコーヒーでも、随分と趣きが違うことに気づかれると思うが、両者に共通した「まったり感」を演出しているのは、じつはベースだということにも気づかれるのでは?

テーマのベースのリフ、これがあるからこそ、“大人の時間”がまったりと演出されるのだ。
「まったりタイム」を刻むのは、じつはベースだったのですね。

とにもかくにも、デューク・ピアソンの控えめながらもツボをおさえたピアノは、おススメなので、このブルーノートの初リーダーアルバム、是非聴いてみて欲しい。

記:2005/05/18

●関連記事
>>プロフィール/デューク・ピアソン
>>ピアソンの訥々ピアノに愛着を覚える。

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。