カフェモンマルトル

text:高野雲

*

バードランドの夜 vol.1/アート・ブレイキー

      2017/05/22

バードランドの夜 VOL.1A Night At Birdland vol.1

このアルバムの素晴らしさを前に、多くの言葉を要する必要はない。

ただただ「これがジャズってぇもんだ、黙って聴け。以上!」と自信を持って堂々と差し出せる数少ない生粋のジャズアルバムの1枚だ。

どこをどう切っても濃厚にジャズなアルバムだが、特に「楽器が鳴ってなくてもジャズ」を感じさせるのは、冒頭のピー・ウィー・マーケットのアナウンスだ。

彼はバードランドのドアボーイ兼名物司会者でもある。

この特徴のある声によるアナウンスがこれから始まる奇跡的な演奏の数々に大きな期待を抱かせてくれる。

というよりも、これがなければ『バードランドの夜』は『バードランドの夜』ではないといっても過言ではない。

歴史に残る、というより、すでに歴史に刻まれた名アナウンスは以下のとおり。

"Ladies and gentleman, as you know we have something special down here at Birdland this evening; a recording for Blue Note records...when you applaud for the different passages,your hands go right out over the redords tehre,so when they play them over and over,throughout over the country,you may be some place and say,well,uh,that's my hand on those records there,that I dig down Birdland...We're bringing back to the badstand at this time,ladies and gentleman,the great Art Blakey and his wonderful group featuring the new trumpet sensation Clifford Brown,Horace Silver on piano,Lou Donaldson on alto,Curly Russell is on bass. Let's get together and bring Art Blakey to the bandstand with a great big round of applause here,how about a big hand here for Art Blakey! Thaaank yowww!"

もう、この言葉、アクセント、ニュアンス、勢い、それ自体がジャズ。

だからこそ、カットされることなく、堂々とこのアルバムの「1曲目」として存在しているのだろう。

記:2010/12/10

album data

A NIGHT AT BIRD LAND vol.1 (Blue Note)
- Art Blakey

1.Announcement By Pee Wee Marquette
2.Split Kick
3.Once In A While
4.Quicksilver
5.A Night In Tunisia
6.Mayreh

Art Blakey (ds)
Clifford Brown (tp)
Lou Donaldson (as)
Horace Silver (p)
Curly Russell (b)

1954/02/21

 - ジャズ , ,