カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

ブルームーン/アーマッド・ジャマル

      2018/01/03

Pocket

Blue Moon

ジャマル健在!

あの、マイルスに多大な影響を与えたといわれるピアニスト、アーマッド・ジャマル健在!

黄金のマイルス・デイヴィス・クインテットと賞賛され、さらに、オール・アメリカン・リズムセクションのベスト3を担った時代のピアニストはレッド・ガーランドだが、マイルスがレッド・ガーランドを雇った理由は、ピアノが「ジャマル的」だったから。

本当は、ジャマル本人を雇いたかったマイルスだが、ジャマルに声をかけたところ「本拠地シカゴを動きたくない」という理由で断られている。

だから、仕方なく(?)ジャマルっぽいテイストでピアノを弾く、あるいは自分の指示通りジャマル的に弾いてくれるガーランドを雇ったという背景がある(さらに、マイルスが当時夢中になっていたボクシングと話が合うガーランドは元ボクサーだったということもあるかもしれない)。



スポンサーリンク



81歳のピアニストの演奏とは思えない!

そんなマイルスからのオファーを蹴り、地元で黙々とマイペースな活動を続けてきたジャマルも今年で齢82歳。

この『ブルー・ムーン』は、2年前の81歳のときの演奏だが、ますます元気で、昔よりもパワーアップしているんじゃないかと思うほど。

この『ブルー・ムーン』の演奏要員である「ニュー・ヨーク・セッションズ」は、ベーシストがレジナルド・ヴィール、ドラマーがハーリン・ライリーのトリオに、パーカッショニストのマノロ・バドレーナが加わったピアノトリオ+パーカッションの編成。

マノロ・バドレーナは、ストーンズやウェザー・リポート、ザヴィヌル・シンジケートにも参加していた名手でもある。

聴かせどころをわきまえたジャマルのピアノに寄り添い、親分を的確に盛り上げる若手たち(ジャマルの年齢から見れば、の話しだが)。

とにかく最初から最後まで楽しませてくれる。

《インヴィテーション》が圧巻だ。

記:2012/11/18

album data

BLUE MOON -THE NEW YORK SESSIONS (Jazz Village)
- Ahmad Jamal

1. Autumn Rain
2. Blue Moon
3. Gypsy
4. Invitation
5. I Remember Italy
6. Laura
7. Morinig Mist
8. This Is The Life
9. Woody'n You

Ahmad Jamal (p)
Reginald Veal (b)
Herlin Riley (ds)
Manolo Badrena (per)

2011/10月 Avatar Studios, New York

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。