カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ブック・オブ・バラーズ/カーメン・マクレエ

      2017/05/21

Pocket

BOOK OF BALLADS + 3Book Of Ballads

ヴォーカルには、最初に聴いた瞬間から虜になってしまう掴みの良いタイプの歌手と、何度も聴いているうちに少しずつ良さが分かってくるタイプに大別されると思う。

前者は、ヘレン・メリルやエラ・フィッツジェラルドなどが筆頭に挙げられるだろうし、後者のタイプの代表といえば、ビリー・ホリデイやニーナ・シモン、あるいはカーメン・マクレエもそのタイプに属するのではないかと思う。

カーメンのちょっと素っ気ない歌唱、しかしそのじつ、耳を凝らすと、情感のコントロールと匙加減が巧みで、隅々まで気配りの効いた歌唱は、やはり一度聴いただけではなかなかそこまで気がつかないこともあり、ゆえに、その奥行きの深さが通好みのジャズヴォーカルとされるゆえんなのだろう。

とりわけ彼女はバラードの名手としての評価が高く、知的に隅々までコントロールの行き渡った歌唱と、その捌きっぷりが前面に出過ぎない表現は、まさに「巧い!」の一言に凝縮される。

そんなカーメンのバラード表現をじっくりと味わうのであれば、キャップレーベルに彼女が36歳のときに録音した『ブック・オブ・バラーズ(バラッズ)』がお薦めだ。

ドン・アブニーのピアノトリオや、ストリングスをバックにカーメンはじっくりと、丁寧にバラードを歌う。

溢れ出る情感を巧みにセーブしつつ、聴き手の心に訴えかける抑制の効いた歌唱はまさに第一級の表現力。

ストリングスが暖かさを演出し、聴き手の心を和ませる。

まさに彼女を代表する1枚でもある。

《バイ・マイセルフ》、《イズント・イット・ロマンティック》、そして、マット・デニス作の《エンジェル・アイズ》等がおススメナンバー。

記:2011/04/16

album data

BOOK OF BALLADS (Kapp)
- Carmen McRae

1.By Myself
2.The Thrill Is Gone
3.How Long Has This Been Going On
4.Do You Know Why?
5.My Romance
6.Isn't it Romantic?
7.If Love Is Good To Me
8.When I Fall In Love
9.Please Be Kind
10.He Was Too Good To Me
11.Angel Eyes
12.Something I Dreamed Last Night

Carmen McRae (vo)
Don Abney (p)
Joe Benjamin (b)
Charles Smith (ds)
with Frank Hunter Orchestra

1958/12/01

 - ジャズ , ,