アット・カーネギー・ホール/マイルス・デイヴィス

      2017/05/20

Pocket

アット・カーネギー・ホールアット・カーネギー・ホール

ギル・エヴァンス・オーケストラが味付け

テナーサックスがハンク・モブレイ。
ピアノがウイントン・ケリー。

編成的にも内容的にも『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』のライブ盤とでも言うべきか。

『ブラック・ホーク』と同時期のライブだが、『ブラック・ホーク』との大きな違いは、ギル・エヴァンス・オーケストラが4曲参加している点だ。

マイルスとギル・エヴァンス・オーケストラの共演ライブは、公式に出ているものではこれが唯一のものだが、ギルのオーケストラのサウンドは、あくまでマイルス・クインテットの「味付け」として聴いたほうが正解かもしれない。

このアルバムの躍動感は、あくまでマイルス・クインテットの5人によって生み出されているからだ。

だから、『スケッチ・オブ・スペイン』や『ポギーとべス』のような内容を期待して構えて聴くと、肩透かしをくらう。

あくまで、メインは5人編成のコンボによるコンパクトかつテンションの高い演奏だ。



sponsored link



ケリーの《ソー・ホワット》

《ソー・ホワット》のオープニングは、『カインド・オブ・ブルー』でビル・エヴァンスが弾いたピアノのイントロが、そのままオーケストレーションされている。

旋律は一緒でも、ビルのピアノが“静かな始まりの予感”を匂わせることにたいして、ギルのオーケストラは「壮大な幕開け感」が漂い、このニュアンスの違いが興味深い。

たとえば『フォー・アンド・モア』のような、後のトニー、ハンコック、ロンのリズム・セクションの演奏ほどではないが、ここでの《ソー・ホワット》は、『カインド・オブ・ブルー』の初演と比較すると、テンポが幾分か速めになっている上に、スタティックなオリジナルと比較すると、かなりエキサイティングな演奏となっている。

熱く燃えるウイントン・ケリーのピアノが白眉。

ただでさえノリの良いピアニストが、さらにリズムセクションに焚きつけられてシャカリキに弾いているのだから、これはもう身体の内側からムズムズと熱い血潮がたぎってくる。

ジミー・コブも4拍目に執拗にリムショット(スネアドラムの淵をスティックで叩くこと)を打ち、ケリーを煽る。

《ソー・ホワット》が、このアルバム中においてはケリーのベスト・プレイだ。

もしかしたら、数あるケリーのピアノの中でベストな演奏なのかもしれない。

マイルスのベストプレイはというと《オレオ》だろう。

突き刺すようなミュート・プレイは、単に鋭い高音だけではなく、腰の据わった重量感のある音色で疾走する。

アップテンポで進行してゆくリズムをうまく乗りこなし、マイルスは渾身のアドリブを繰り広げている。

非常にエキサイティングだ。

《ノー・ブルース》は、チェンバースのベースソロが光る演奏だが、全体的な勢いと統一感は、アルバム『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム』のバージョンのほうが上。

こちらのライブの演奏は、少し緩慢だ。

《いつか王子様が》は、あっという間に終わってしまうのが残念。

もう一つのマイルスの好演は、《ザ・ミーニング・オブ・ブルース》か。

《ラウンド・ミッドナイト》などのアドリブによく出てくる、マイルスの必殺フレーズのオンパレードで、思わずニヤリとしてしまう。

バラードといえば、《スプリング・イズ・ヒア》のマイルスもなかなかだ。

力強く、たっぷりと息が吹き込まれた鉛色のトランペットのサウンドは、重く、深い。

音質は多少ガサついていて、お世辞にも良いとは言えないが、それを補補って余りある高密度な演奏を楽しめる内容なのだ。

album data

MILES DAVIS AT CARNEGIE HALL (Columbia)
- Miles Davis

1.So What
2.Spring Is Here
3.No Blues
4.Oleo
5.Someday My Prince Will Come
6.The Meaning Of The Blues/Lament
7.New Rhumba

#1,3,4,5 Miles Davis Quintet:
Miles Davis (tp)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

#1,2,6,7 The Gil Evans Orchestra:
Gil Evans (arr,cond)
Ernie Royal (tp)
Bernie Glow (tp)
Johny Coles (tp)
Louis Mucci (tp)
Jimmy Knepper (tb)
Dick Hixon (tb)
Frank Rehak (tb)
Julius Watkins (frh)
Paul Ingrahan (frh)
Bob Swisshelm (frh)
Bill Barber (tub)
Romeo Perque (reeds)
Jerome Richardson (reeds)
Eddie Caine (reeds)
Bob Tricarico (reeds)
Danny Bank (reeds)
Janet Putnam (harp)
Wynton Kelly (p) "Spring Is Here" only
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)
Bobby Resengarden (per)

1961/05/19 live at Carnegie Hall

記:2005/01/10

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。