カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

セシル・テイラー・ユニット/セシル・テイラー

      2017/08/15

Pocket

Cecil Taylor UnitCecil Taylor Unit

雲の高さに達し、ついに天にまで届くか、と思わせるほどの荘厳かつ巨大な建築物=バベルの塔の偉容さと、それが神の怒りを買い一瞬にして瓦解してしまうほどのインパクトが最初の数分で同時に味わえてしまうという、滅茶苦茶落差の大きい音楽だ。

こんなとんでもないスケールの“音による物語”を、たったの6人編成で描き出しちゃうような突拍子も無い人は、セシル・テイラーをおいてほかにない。

入念にリハーサルをしてから臨んだという本作品は、ブルーノートの『ユニット・ストラクチャーズ』や『コンキスタドール』をさらにスケールアップさせた迫力がある。

ちなみに、『ユニット・ストラクチャーズ』と『コンキスタドール』も、リハーサルをして吹き込んだ作品というのがブルーノートの運営方針ならではだが、即興演奏を真の意味で即興たるものにするため、通常、テイラーはリハは行わないようだ。

しかし、私は、ブルーノートの2作品や、本作をテイラーの作品の中では上位に位置づけて愛聴している理由は、やはりリハーサルをした作品だからということが大きいのかもしれない。

つまり、リハをするということは、コンポジションの要素を多分に演奏の中に持ち込むわけで、全部が全部そうではないのだろうけれども、演奏の要所要所に、あらかじめ作曲やアレンジされた要素を配することによって、ずいぶんと演奏に物語性が加わり、聴き終わった後の感動度が、やっぱり違うんだよね。最初から最後まで即興の演奏とは。

もちろん、徹頭徹尾即興なテイラーの演奏も大好きだ。しかし、即興のみの演奏がもたらすのは、混沌のみ。

作曲&アレンジの要素が若干でも演奏に配されると、混沌のみならず、構築性も生まれ、演奏の強度が増すんだよね。

即興音楽に物語の要素を見出すのは、フリージャズのマニアからしてみれば邪道なのかもしれないが、私は、やはり、多少でもいいから、起承転結が欲しい。

いや、べつに、起承転結じゃなくて、承起結転でも、結転承起でもいいのだが、ようするに、波というか起伏のようなものが欲しい。

くわえて、ドラマ性があればもっと良い。

このアルバムには、ラムゼイ・エイミーンのヴァイオリンが参加しているが、ヴァイオリンの音色を得たことで、従来のテイラーユニットにはないドラマ性が生まれていることも見逃せない。

演奏の何箇所かには、ヴァイオリンとピアノだけのデュオの部分もあるが、ピアノを連打するテイラーの音がいつもに増して気品漂う美しさをたたえているのは、ラムゼイのヴァイオリン効果の賜物だろう。

巨大なものが大好きな方にオススメ。
また、とくに巨大なものが崩壊する様を眺めるのが好きな方にもオススメ。

とんでもない迫力で迫ってくるアンサンブルは圧巻としかいいようがない。

記:2010/04/09 

album data

THE CECIL TAYLOR UNIT (FMP)
- Cecil Taylor

1.Idut
2.Serdab
3.Holiday En Masque

Cecil Taylor (p)
Jimmy Lyons (as)
Raphe Malik (tp)
Ramsey Ameen (vln)
Sirone (b)
Ronald Shannon Jackson (ds)

1978/04/03-06

 - ジャズ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。