カフェモンマルトル

text:高野雲

*

電気マイルスの海は広く深い

      2017/05/23

Pocket

blue_sea

明日の音聴き会の選曲を今見直しているところなのだけれども、かなり偏った選曲だということは否めない。

しかし、それはそれで仕方なし。

ひとくちに電気マイルスとはいっても、かなり広範な領域があり、それはまるで、インド洋と北極海とベーリング海と東シナ海ぐらいの違いもあり、同じ海とひとくちにいっても、海の色、気候、印象、肌触りはまったく違うわけであり、それらの全部を2時間半程度の中でかけるのは到底無理。

くわえて、演奏時間が30分を越す曲もザラにあるわけだから、さらに輪をかけて難しいということもある。

とりあえず、明日の私は、エーゲ海の海の水をバケツですくい、これもまた電気マイルスの一部には違いありませんぐらいなことしか言えないのだろうし、それでも、そのいっぱいのバケツから広大なマイルス大海の予感を感じ取ってもらえれば、それはそれでひとつの試みとしての成功なのだと思う。

とりあえず、『オン・ザ・コーナー』はかけようかと思っています。

記:2009/03/14

 - ジャズ