カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

フォー・シーズンズ/ボビー・ハッチャーソン

      2017/05/23

Pocket

フォー・シーズンズFour Seasons

ボビハチが好きだ

ボビー・ハッチャーソンがなにげに好きです。
気がつくと聴いている頻度がけっこう高いジャズマンなんですね。

ジャズのヴァイブはというと、長らく私はミルト・ジャクソンの音色とタイミングに魅せられていました。

もちろん、ミルトは今でも大好きなヴィブラフォン奏者なんですが、主にブルーノートの新主流派の演奏に魅了され、どんどん没入していくうちに、自然に感性のチャンネルが広がり、ボビー・ハチャーソンのヴァイブがとても魅力的に感じるようになったんですね。



sponsored link



表現の幅の広さ

曲によっては打楽器的でメカニカルな打鍵をするかと思えば、曲によっては、もう身も心もとろけるほどに抒情的な音色とフレーズも奏でるハッチャーソン。

この振り幅の広さもハッチャーソンの魅力のひとつといえましょう。

ハッチャーソンの魅力に開眼したのは、やはりハンコックがピアノで参加し、なおかつハンコックの曲も演奏されている『ハプニングス』でした。

ハプニングスHpppenings

ジャズ喫茶「いーぐる」でバイトしていた頃、たまたま受けたリクエストで初めて耳にして以来、一気に虜になってしまいました。

このアルバムは、ハンコックの《処女航海》のイメージが強いアルバムなのですが、ラストの《ジ・オーメン》のように、けっこうエグい演奏もあったりするんですよ。

私の場合はむしろ、こちらの演奏のほうからハッチャーソンの虜になりましたね。

同じく、非常にパーカッシブなヴィブラフォンの演奏を味わえる『ウン・ポコ・ローコ』なんかも好きでよく聴いていました。

Un Pococ LocoUn Pococ Loco

あとは、エリック・ドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』とかね。

ここでのハッチャーソンの打鍵も非常にメカニカル。
不思議な音空間を作り出すために一役も二役も買っている感じでした。

また、一音の音圧とインパクトを効果的に用いている箇所もあり、ヴィブラフォンという楽器の新しい奏法のようなものを感じました。

アウト・トゥ・ランチOut To Lunch

というのも、私は小学生の頃、ヤマハのジュニア科アンサンブルを習っていたことがあり、その時は発表会の曲のためにヴィブラフォンを少しだけ練習していたことがあるのです。だからこそ、というわけではないのですが、メロディを「叩く」楽器という認識はあったものの、その奏法をさらに前面に押し出し、メロディではなく、まさに「空気」そのものを、あたかも打楽器のごとく「叩く」ことによって、ある種独特の空気感を醸成するという発想が目から鱗に感じたのですね。

ボビー・ハッチャーソンに魅せられた初期の頃の私は、とにもかくにも彼が描き出す幾何学図形のような世界にゾッコンだったんですね。

転機が訪れたのは、ブルーノートで未発表だった音源を集めた『オブリーク』を耳にしたあたりでしょうか。

叙情的でムードあふれるハッチャーソンのプレイをとても心地よく感じ、この人は単にメカニカルなフレーズが得意なだけではなく、むしろ甘いフレーズも大得意な人なんじゃないかと少し彼に対する見方が変わった記憶があります。

そして、極めつけは『ライヴ・アット・モントルー』です。

若きウディ・ショウと共に奮闘するハッチャーソンのなんとエネルギッシュでメロディアスなことよ。

私の中で混在していたハッチャーソンに対しての「メカニカル」と「メロディアス」の2つの要素が綺麗に融合したのが、この素晴らしいライブ音源だったのです。

ボビー・ハッチャーソン・ライヴ・アット・モントルーLive At Montreux

以来、尖っていないハッチャーソンの世界もすごく好きになり、クールな音色の中にも非常にウォームな歌心を秘めた表現者としてのハッチャーソンの懐の広さの虜になっているのです。

オーソドックスだが極上

歌心かつメロディアスなハッチャーソンの極めつけはというと、『フォー・シーズンズ』が、その筆頭にあげられるのではないかと思います。

これは、昨年2015年の春に本邦初CD化された音源です。

演奏は1983年で、レコーディングされた土地はオランダ。

曲目をご覧になればお分かりのとおり《サマータイム》ありの《枯葉》ありと、まるでスタンダードナンバーのオンパレードです。

ピアノのジョージ・ケイブルスや、ドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズが、奇をてらうことなく、オーソドックスな4ビートを盛り上げています。

特に、フィリー・ジョーのドラミングが、もうどこをどう切っても「ジャズそのもの」で、ハッチャーソンの歌心を楽しむだけではなく、今は失われているかつての「ジャズの香り」を存分に楽しむことが出来るのです。

皆、リラックスして演奏に臨んでおり、はりきり過ぎずに適度に緩いところが、これまた肩ひじ張らずに気軽に聞ける、オーソドックスなんだけれども極上4ビートジャズなんですね。

万人におすすめしたい好盤なのです。
ハッチャーソンの『フォー・シーズンズ』は。

記:2016/01/14

album data

FOUR SEASONS (Timeless Records)
- Bobby Hutcherson

1.I Mean You
2.All of You
3.Spring Is Here
4.Star Eyes
5.If I Were a Bell
6.Summertime
7.Autumn Leaves

Bobby Hutcherson (p)
George Cables (p)
Herbie Lewis (b)
Philly Joe Jones (ds)

1983/12/11

関連リンク

>>ハプニングス/ボビー・ハッチャーソン
>>アウト・トゥ・ランチ
>>オブリーク/ボビー・ハッチャーソン
ライヴ・アット・モントルー/ボビー・ハッチャーソン

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。