カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ゲッティン・アラウンド/デクスター・ゴードン

      2017/08/13

Gettin AroundGettin Around

《ル・クワフール》にぞっこん

『ゲッティン・アラウンド』は、デックス(デクスター・ゴードン)のアルバムの中では、3本指に入るほど好きなアルバムだ。

特に、《ル・クワフール》。

この1曲があるかぎり、私にとっての『ゲッティン・アラウンド』の上位は揺らがないだろう。

「ル・クワフール」とは、フランス語で「美容師」という意味。

私はこの曲が好きで、好きで。

好きだから、1日に10回以上繰り返して聴いたこともあるぐらいだ。

このお茶目度50パーセント、洒脱さ30パーセント、じわりとにじみでる翳りと哀愁20パーセントの曲がなんともいえない味わいといったら……。

亀のようにドッシリとした貫禄を誇るデックスのテナーも、この曲となると、ちょっと可愛らしい一面を見せてくれる。

そう、曲自体が可愛いからね。

ひょこひょことはずみたくなるような愛くるしいメロディ。

しかし、デックスは、そこをグッと跳ねすぎずに、絶妙なバウンスぶりで、ゆったりと吹奏するのだ。

ゴードンのお茶目さと男らしさが絶妙なバランスで混在したこの演奏は、硬派でコワモテな男が垣間見せる和みの笑顔のよう。

サビの前のブレイクで、「ストトン!」とタムタムで空間を埋めるビリー・ヒギンズのドラムもお茶目だ。



sponsored link



ビリー・ヒギンズのドラミング

ビリー・ヒギンズといえば、オーネット・コールマンの《淋しい女》でドラムを叩いていた時代から、近年の大西順子との共演まで、一貫している、独特なシンバルワークを思い出す。

右手のスティックが繰り出す、頑ななまでに「単調な」ライド・シンバル。

このドラミング、人によっては「ワンパターンで面白みに欠ける」と評する人もいるし、中には、「ヘタクソ」と貶す人までいるぐらいだ。

しかし、よく聴けばわかるが、この一聴、単調な感じもするシンバルの懐は深く、どんな演奏をも受け入れて、包み込んでしまう大きな包容力をも持っているんじゃないかと私は思っている。

そうした彼の安定したシンバルワークと、「可愛いフィル」に彩られて、快適に《ル・クワフール》の演奏は進行してゆく。

この曲に限らずだが、ヴァイブのボビー・ハッチャーソンの参加のポイントが、かなり高い。

おそらく、このアルバム、デックスのワンホーンアルバムだったら、悪くはないのだろうけど、ちょっと退屈な内容になってしまっていたかもしれない。

しかし、ハッチャーソンがリラックスしたプレイで彩りを添えることによって、サウンドがよりカラフルになり、お洒落度さえもアップさせていると思う。

じつは、私は、パーソネルを知らずに聴いたときは、このヴァイブ奏者がハッチャーソンだとは思わなかった。

もっとメカニカルなプレイをする人だと思っていたが、このようにリラックスした、軽妙、かつ歌心に溢れた演奏もする人だったとは目からウロコだった(今思えば恥かしいかぎり)。

《ル・クワフール》は、全体的に陽気で、うきうきするような楽しい曲想だが、一抹の翳りが漂っていることが、この曲を単にハッピーな曲では終わらせていない。

特に、ボビー・ハッチャーソンにソロが交代した瞬間の雰囲気などは、たまらない魅力だ。

彼の参加によって、サウンドがカラフルになったと書いたが、カラフルになったことによって、サウンドの陰影もまた深くなっているのだ。

また、ちょっと物憂げなバリー・ハリスの節度あるピアノソロも良い感じ。

テーマに戻るときには、グリッサンド(鍵盤から鍵盤までを指の背を使って滑らす奏法)までして、いつになく彼はゴキゲンだ。

このアルバムは、全体的に落ち着いてゆったりとした雰囲気の演奏が続く。

リラックスした内容、そして、ちょっとマッタリとした湯加減が気持ちよく、地味目な演奏が多いことは多いが、心温まる演奏が続く好盤だ。

一曲目の《黒いオルフェ(カーニバルの朝)》は、発売当時、ジャズ喫茶では、人気曲だったという。

《ル・クワフール》のことばかり書いてしまったが、このアルバムの人気を決定づけているのは、むしろ《黒いオルフェ》のほう。しかし、私にとっては、悪くはないが、ちょっと退屈なシンミリ演奏にしか聴こえない。

やっぱり、クワフールでしょう、このアルバムは。

『ゲッティン・アラウンド』は、渡欧中のデックスが、65年に一時帰国して録音した盤。

このレコーディング後に彼は、拠点のデンマーク、コペンハーゲンに戻った。

記:2002/07/15

album data

GETTIN' AROUND (Blue Note)
- Dexter Gordon

1.Manha De Carnival
2.Who Can I Turn To (When Nobody Needs Me)
3.Heartaches
4.Shiny Stockings
5.Everybody's Somebody's Fool
6.Le Coiffeur
7.Very Saxily Yours (*)
8.Frick Of A Trick (*)

(*)…LP未収録曲

Dexter Gordon (ts)
Bobby Hutcherson (vib)
Barry Harris (p)
Bob Cranshaw (b)
Billy Higgins (ds)

1965/05/28 & 29

●関連記事
>>オーネットの淋しい女

 - ジャズ , ,