カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

ヘッド・ハンターズ/ハービー・ハンコック

      2017/05/23

Pocket

ヘッド・ハンターズHead Hunters

このアルバムの看板曲《カメレオン》は、ぶっ太い音色のシンセベースのリフが強烈なインパクトではあるが、これ一発で聴く(踊る?)ための曲という感じもしなくない。

後年のヘッドハンターのライブや、ジャコ・パストリアスとハンコックとの共演(競演)を聴いてしまうと、いかにも単調な気がする。

もちろん、シンセベースの執拗なリフレインが心地よいトランス効果を誘い、その心地よさは否定しない。

しかし、やればもっと爆発力のある実力派プレイヤーたちが、神妙に力を5割にグッとセーブして演奏する禁欲さ加減は、それはそれである種下半身にくるモヤモヤ感はあるにせよ、もっとドカーン!とやってくれてもいいじゃないの? という欲求不満を感じることもたしか。

そんな私にとっての目玉は、《スライ》だ。

これはすごい演奏だ。

ポール・ジャクソンの太くて縦横無尽なベースがとくにすごい。

しかも、後半になればなるほど、演奏も白熱!

単調かつ執拗にパターンがリフレインされる《カメレオン》も、それはそれで魅力はあるが、やはり、抑え切れないミュージシャン魂が、溢れんばかりに開放されてゆく《スライ》こそがこのアルバムの目玉なんじゃないかと私は思っている。

ファンク路線のハンコックのキャリアがスタートした記念すべき1枚。

枕元にたった日蓮上人のお告げに従ったら、こんなにもヒットしちゃったという逸話つき。

記:2009/05/24

album data

HEAD HUNTERS (Columbia)
- Herbie Hancock

1.Chameleon
2.Watermelon Man
3.Sly
4.Vein Melter

Herbie Hancock (key)
Bennie Maupin (sax)
Paul Jackson (el-b)
Harvey Mason (ds)
Bill Summers (per)
Oren Waters (vo)

1973年

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。