カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ホレス・シルヴァー・トリオ~ファンキー・ピアニストの出発点

      2017/05/22

Pocket

ホレス・シルヴァー・トリオ&アート・ブレイキー、サブーHorace Silver Trio

ホレス・シルヴァーの曲やプレイは「ファンキー」と形容されることが多いが、彼の初期の演奏には、その萌芽はあるものの、露骨にファンキー臭が漂うものは、じつは少ない。

最初の出発点は、バド・パウエルからだった。

しかも、パウエルのもろコピーと言っても過言ではないほど、初期のホレスのアルバムを聴くと、パウエルの影響が認められる。

たとえば、1曲目のアドリブなんかが顕著。

アドリブの中に、パウエルの《異教徒たちの踊り》がポロリと出現したりする。

これは、「最初はパウエルのようなメカニカルなラインが好きだったし、得意だった」と、ホレス・シルヴァー自身も述懐している。

後年の“ファンキー”と形容される曲作り、プレイスタイルになったのは、ブルーノートのプロデューサー、アルフレッド・ライオンからの助言が大きい。

もっとブルージーに弾け、もっとソフトに弾け。

これが、ライオンからシルヴァーへのアドバイス。

忠実に従ったホレスは、後の《ソング・フォー・マイ・ファーザー》のヒットにつながる作風を獲得するのだ。

しかし、初期のパウエル的、硬質&メカニカルなタッチも捨てがたい。

というよりも、私は、この時期のホレス・シルヴァーのほうが、好きだ。

ただでさえ、ポキポキとした硬質なピアノの音色に加え、パウエル的なフレーズが弾かれると、そこには、パウエルとはまた違った質の緊張感に満ちた世界が展開される。

この時期のホレスも、アタリマエだが、リズム感は良い。

ノリも抜群。

ただし、ファンキーと呼べる、和やかなノリとはまた違った、畳み掛けるような、なにかにせきたてられるようなノリが特徴的だ。

ドライブ感、と表現したほうが適切かもしれない。

とくに名曲の誉れの高い《オパス・デ・ファンク》などは、彼の堰きたてるようなドライブ感を活かした作りとなっている。

ジャケットではワケ分からんポーズで陽気なホレスも、演奏のほうは案外、緊迫感に満ちている。

あの、笑顔とポーズを象徴するような内容は、むしろ、水色版の『ホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ』のほうでしょう。

オレンジ色のホレス・シルヴァーのアルバムの聴きどころはピアノトリオのみならず。

アルバム後半に収録された、打楽器バトルも、どういう経緯で収録にいたったのかは不明だが、ホレスが抜けて、パーカッションのサブーと、ドラムのアート・ブレイキーの「打楽器バトル」がなかなか良い。

特に《ケニアからのメッセージ》は、聴くたびに熱き血が滾る。

記:2010/05/29

album data

HORACE SILVER TRIO (Blue Note)
- Horace Silver

1.Horescope
2.Safari
3.Thou Swell
4.Quick Silver
5.Ecaroh
6.Yeah
7.Knowledge Box
8.Prelude To A Kiss
9.I Remember You
10.Opus De Funk
11.Day In, Day Out
12.Silverware
13.How About You
14.Buhaina
15.Mesage From Kenya
16.Nothing But The Soul

#1-3
Horace Silver (p)
Gene Ramey (b)
Art Blakey (ds)
1952/10/09

#4-8
Horace Silver (p)
Gene Ramey (b)
Art Blakey (ds)
1952/10/20

#9-14
Horace Silver (p)
Peacy Heath (b)
Art Blakey (ds)
1953/11/23

#15-16
Art Blakey (ds)
Sabu (conga)
1953/11/23

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。