肉食系男子ジャズ!ジミー・スミスの『ザ・チャンプ』

      2017/10/08

Pocket

肉食ジャズオルガン!

お洒落なピアノトリオもいいかもしれないけど、たまには獰猛な肉食系ジャズをたらふく味わおう!

タイトルナンバーは、まさに「肉ジャズ」の決定弾です。

ジミー・スミスの『ザ・チャンプ』。
レーベルは、もちろんブルーノート。

彼を「発見」し、数々のレコーディングの機会を与えまくったレーベルですからね。

そのアルバムも録音されてから、すでに54年の歳月が。

今聴いても、滅茶苦茶フレッシュで、色褪せることのないオルガンシャワー。

島田奈央子さんの『女子ジャズ』ではありませんが、初期ジミー・スミスは、まさに「男子ジャズ」と言えるでしょう。



スポンサーリンク


初めて聴く人からも好評

以前の「音聴き会」で、1曲目の《ザ・チャンプ》を大音量でかけたこともあるのですが、予想以上に評判がよかったのも、この『ザ・チャンプ』の1曲目でしたね。

8分近く、ひたすら、オルガンのシャワー、オルガンサウンドの嵐!

途中で短いギターソロが挟まれるものの、それ以外は、もうひたすらオルガン、オルガン、オルガンなのだ。

しかも、演奏の後半になればなるほど、エキサイティング度が増す。もし、これがライブだったら、あと10分は弾いているだろうと思われるほどの勢い。

自分自身も、聴いててノリノリでした。

『ザ・キャット』なら持ってるけれども、こんなに弾きまくる人だとは正直思ってもみませんでした、という声も頂戴したが、うん、たしかに、これほど弾きまくっているジミー・スミスの演奏は、あまり無いかもしれない。

とにもかくにも、ひたすらオルガンを浴びたい人には、うってつけのアルバムなんですわ。

圧倒的なバイタリティ、圧倒的なオルガンの洪水。

これを浴びれば、よっしゃ、俺もいっちょやったるでぇ!と元気が出てくること請け合い!

album data

THE CHMP (A NEW STAR-A NEW SOUND JIMMY SMITH AT THE ORGAN vol.2) (Blue Note)
- Jimmy Smith

1.The Champ
2.Bayou
3.Deep Purple
4.Moonlight In Vermont
5.Ready'n Able
6.Turquoise
7.Bubbis

Jimmy Smith (org)
Thornel Schwartz (g)
Bay Perry,Donald Bailey (ds)

1956/03/11

記:2010/03/11

●関連記事
>>ザ・チャンプ/ジミー・スミス

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。