カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ジャンピン・パンキンス/セシル・テイラー

      2017/06/06

Jumpin' Punkins by Cecil Taylor (2000-09-12) 【並行輸入品】Jumpin' Punkins/Cecil Taylor

屈折した快感

ヘンな言い方かもしれないけれども、セシルのわりにはタイトル曲は聴きやすい。

それは、ホーンを前面に押し出したアンサンブルゆえの結果ともいえ、珍しく引くところではキチンと引いているテイラーの役柄心得の賜物でもある。

参加ジャズマンは、他のキャンディドでの吹き込みと同様に、トロンボーンにラズウェル・ラッド、ソプラノサックスにスティーヴ・レイシー、テナーがアーチー・シェップ、ビャールズ・デイヴィスがバリトンサックス。

ホーン陣は以上だが、リズム隊はブエル・ネイドリンガーはいつもの通りだが、今回ドラムはビリー・ヒギンズ。

オーネット・コールマンの『ジャズ来たるべきもの』や、リー・モーガンの『ザ・サイドワインダー』を思い出すまでもなく、彼の持ち味である安定したシンバルレガートに加え、効果的にスネアの合いの手。

これが、テイラーの硬質なノリのピアノにはピッタリのコンビネーションに感じるのだ。

メロディを弾く、というよりは曲という機会のねじを緩め、蓋を外して中身の機械をいじりまわして、別の機械を作り上げているようなテイラーのピアノは相変わらず。

「面白い・つまらない」

この二者択一で聴かれれば「おもしろくない」のほうに手をあげざるを得ないが、おもしろくなくとも、興味深く、刺激的なプレイであることには変わりない。

このアルバムをまるまる半日の間、リピートさせながら昼寝をしていたことの私だからこそが分かる「屈折した快感」。

これが楽しめるようになるには、さほど時間は要しない。

記:2009/01/21

album data

JUMPIN' PUNKINS (Candid)
- Cecil Taylor

1.Jumpin' Punkins (take 6)
2.O.P. (take1)
3.I Forgot (take1)
4.Things Ain't What They Used To Be (take3)

Cecil Taylor (p)
Clark Terry (tp) #1,4
Roswell Rudd (tb) #1,4
Steve Lacy (ss) #1,4
Archie Shepp (ts) #1,3,4
Charles Davis (bs) #1,4
Buell Neidlinger (b)
Billy Higgins (ds) #1,4
Dennis Charles (ds) #2,3

1961/01/09,10

関連記事

>>ジャズ来るべきもの/オーネット・コールマン
>>ザ・サイドワインダー/リー・モーガン

 - ジャズ ,