デトロイト・ニューヨーク・ジャンクション/サド・ジョーンズ

      2017/05/22

Pocket

デトロイト・ニューヨーク・ジャンクションDetroit-New York Junction

滋味ジャズ

玄人向けのジャズだと思う。

ディジー・ガレスピーやクリフォード・ブラウン、あるいはリー・モーガンらバップ~ハード・バッパーの絢爛かつアタックの強いトランペット・プレイだけに耳を奪われているうちは、おそらくはサド・ジョーンズのハートウォームなトランペットの真価はなかなか分からないものなのかもしれない。

かくいう私がそうだった。
このアルバムは随分昔に購入していたにもかかわらず、自分の中での位置づけは「地味(滋味)ジャズ」。

つまり、演奏のクオリティの高さは認めるけれども、心を引っかき、かきむしるほどまでの要素は乏しいと長らく感じていたのだ。



sponsored link



一流のストーリーテリング

ところが、長い時間をかけて、ゆっくりと聴く回数を重ねていくうちに、次第にじわじわと、ゆっくりだがこのアルバムの良さが染みてきたのだ。

当り前だが、サド・ジョーンズには彼なりの良さがあり、その良さとは、バッパー達のアプローチの発想とは別もの。

ゆっくりと丁寧にフレーズを重ねてゆく過程が醸し出す、なんともいえない味わいの深さこそがサドの良さであり、この良さは、ブラウニーやモーガンが繰り広げるアプローチとは根本的に演奏に向けられた眼差しが違うのだ。

だから、サドのトランペットの味わいに開眼してしまえば、しめたもの。
大きなスパンでアドリブの構成を組み立て、メロディアスなフレーズを丁寧に紡ぎだしてゆくスタイルは、まるで起伏に富んだ物語に耳を欹(そばだ)てている錯覚に陥る。

派手さはないが、トランペットによるストーリーテリングの技量は随一なのだ。

デトロイトのジョーンズ兄弟

ブルーノート1513番の『デトロイト・ニューヨーク・ジャンクション』は、派手な演奏や、ハイテンポでグイグイと迫ってくるような演奏は1曲もない。

よくも悪くも安定した良質なジャズゆえ、何気なく聴いているだけでは、なかなか演奏のツカミが分からず、気がつくと終わっているということもあるかもしれない。

しかし、どのナンバーをとっても、演奏には抜群の安定感があり、聴いていて安心出来る内容ばかり。

タイトルにもあるデトロイトは、御存知クルマの街で今も昔も有名だ。

ここで、サディアス・ジョゼフ・ジョーンズことサド・ジョーンズと、彼の兄のピアニスト、ハンク・ジョーンズ、そして弟のエルヴィン・ジョーンズというジョーンズ3兄弟は、コンボを組んでデトロイトで演奏活動をしていた。

後にテナーサックスのビリー・ミッチェルとも出会い、コンボを組んで活動した街もデトロイト。

サドにとってデトロイトとはキャリア初期における重要な場所だったのだ(その後、彼はカウント・ベイシー楽団に2年在籍する)。

このアルバムに参加した、ギターのケニー・バレルと、ピアノのトミー・フラナガンもデトロイト出身。

つまり、このアルバムに参加した6人のうち、4人は、デトロイトに縁のあるジャズマン達によって構成され、「デトロイト・ニューヨーク交差点」というタイトルになったことも頷ける。

快速・安定感

落ち込んでいる時、気分がメゲているときには《スクラッチ》を聴いてみよう。

なんの変哲もない、ミディアムテンポの4ビートだけれども、サド・ジョーンズのトランペットや、ビリー・ミッチェルのテナーサックスを聴けば、ほのぼのとした暖かさに元気が湧いてくるに違いない。

また、ラストナンバーの《ゼック》では、ビリー・ミッチェルのテナーサックスにも注目してみよう。

まさに「快速」という言葉が相応しいアドリブで、するすると滑らかに、本当に気持ちよ、く次から次へとメロディアスなフレーズが快適なテンポにのっかって繰り出される。

演奏の安定感、クオリティの高さは本当に素晴らしい。

難点を言えば、どの曲もあまりに演奏が安定し過ぎているため、注意を払って聴かないと心地よいBGMで終わってしまうことか。

サイドマンも光る

もちろん心地よいBGMとして鑑賞することも悪くないのだが、それだけでは勿体ない。

オスカー・ペティフォードの安定感抜群のベースや、終始センスの良い伴奏とアドリブを繰り広げるトミー・フラナガンのピアノ、それにデュオナンバー《リトル・ガール・ブルー》でのケニー・バレルの活躍など、聴きどころは満載なのだ。

ジャズマン一人一人の個人芸も楽しめ、さらにアンサンブルとしてのまとまりも楽しめるという一粒で、いや、一枚で二度おいしい、いや、何倍もおいしいアルバムが、サド・ジョーンズの『デトロイト‐―ニューヨーク・ジャンクション』なのだ。

記:2010/12/07

album data

DETROIT-NEW YORK JUNCTION (Blue Note)
- Thad Jones

1.Blue Room
2.Tarriff
3.Little Girl Blue
4.Scratch
5.Zec

Thad Jones (tp)
Billy Mitchell (ts)
Kenny Burrell (g)
Tommy Flanagan (p)
Oscar Pettiford (b)
Shadow Willson (ds)

1956/03/13

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。