ユタ・ヒップ・ウィズ・ズート・シムズ

      2017/05/22

Pocket

ユタ・ヒップ・ウィズ・ズート・シムズJutta Hipp With Zoot Sims

ズート・シムズとともに名を連ねているユタ・ヒップには申し訳ないが、このアルバムの主役はズート・シムズだろう。

冒頭の《ジャスト・ブルース》、最初の一音のゴキゲンな出だしから、すでに世界はズートのものだ。

この語り口、音の立ち具合。まろやかでいながら力強く前へ、前へと進みゆく推進力。

まさに、ズートによるズートのためのズートが主役のアルバムといっても差し支えない。

このアルバムで、もっとも俎上に乗せられ有名曲は《コートにすみれを》だろう。

この1曲を聞くだけでも、ズート・シムズというテナーサックス奏者の語り口の巧さがよく分かる。

たとえば、同じ曲を演奏している同じくテナー奏者、ジョン・コルトレーンを引き合いに出して見よう。

コルトレーンはプレスティッジでの初リーダー作『コルトレーン』で《コートにすみれを》を演奏しており、この演奏も名演とされ多くのジャズファンから愛され続けている。

こちらも、レッド・ガーランドのピアノのサポートが光る名演奏といえよう。

しかし、同じテナー奏者でありながらも、ズートとコルトレーンの語り口はかなり違う。そして、この差を聴き比べてみると、両者の資質が浮かび上がり、興味深い。

コルトレーンの《コートにすみれを》は、まるで純朴な田舎青年が、生まれて初めて女性を口説いているかのようなタドタドしさが初々しく感じられ、この不器用なバラード表現が、かえって多くのリスナーの心を打つのだろう。

いっぽう、ズートはどうなのかというと。

この演奏における「ズートの口説き」は、既に何百人もの女性を口説いてきた優男が、あたかも日常の延長線上で軽やかに、深刻さなど一切感じさせずに、ツボを押さえた巧みな語り口。

この語り口の違いは、生まれ持った資質もあるのかもしれないし、経験値の差もあるのだろう。

ズートの語り口は、微量に不良が入り混じりつつも、非常にこなれてスマートだ。

このアルバムで私がもっとも「巧いな」と感じるズートの語り口は、《トゥ・クロース・トゥ・コンフォート》だ。

このテーマの処理、テーマのイメージを上手に残しつつも、上手に自分を出し、ズート流としかいいようのない語り口に仕上げている。

このような語り口の長けたズートのサックスに比べると、同じく参加しているホーン奏者ジェリー・ロイドの存在は、いささか地味に感じる。

もちろんプレイ自体は悪くないのだが、どうしても引っ込んで感じてしまうのは私だけか。

ユタのピアノも同様だ。

あくまで控えめ。録音のバランスも、ピアノの音量が引っ込んだ録音バランスということも拍車をかけているのだろう、ホーン陣のアドリブ中にコンピングを施すユタのピアノは、フロントの管の鑑賞に夢中になっていると、ついついピアノの存在を忘れてしまいがちだ。

この存在感の薄さは、たとえば、トミー・フラナガンのように、名伴奏ゆえに聴こえないバッキングともニュアンスが違う。

あくまでフロントを引き立てることが主眼のフラナガンに対し、ユタのバッキングはフロントの邪魔をしないことのみに専心しているように感じるのだ。

ソロのほうも、よく聴くと光るフレーズも出てはくるが、ズートの存在感の前には、添え物的なニュアンスが拭えないこともたしか。

大物ズートを相手に彼女のピアノは委縮しているのではないかとすら感じてしまうのだ。

もっとも、彼女のかようにか細く繊細なところも私は好きなのだが……。

むしろ、このアルバムの第二の主役は、ドラムスのエド・シグペンなのかもしれない。

シンプルなシンバルレガートで、ここまでの躍動感。エネルギッシュにスイング感を放出し、演奏を煽っている陰の主役といっても差し支えないだろう。

シグペンは『ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ』でもユタと共演しているドラマーで、彼に声をかけたのはユタ自身だが、ユタとの相性よりもズートとの抜群の相性を感じる。

ちなみに、トランペットのジェリー・ロイドと、ベースのアーメド・アブダル・マリクは、ズートが呼んだジャズマンだ。

このアルバム録音後の彼女は、やがてジャズの道をあきらめ事務員となり、2年後には生まれ故郷のドイツに帰った。

記:2010/12/24

album data

JUTTA HIPP WITH ZOOT SIMS (Blue Note)
- Jutta Hipp

1.Just Blues
2.Violets For Your Furs
3.Down Home
4.Almost Like Being In Love
5.Wee Dot
6.Too Close For Comfort
7.These Foolish Things
8.'S Wonderful

Jutta Hipp (p)
Zoot Sims (ts)
Jerry Lloyd (tp)
Ahmed Abdul-malik (b)
Ed Thigpen (ds)

1956/07/28

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。