カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

ケリー・ブルー/ウイントン・ケリー

      2017/05/20

Pocket

ケリー・ブルー+2Kelly Blue

長らく1曲目のタイトル曲は、飛ばして聴いていた。

テーマの間抜けなメロディが、どうにも苦手だったからだ。

ヒョットコが調子っぱずれな音頭を取っているようなテーマが腰砕けで、しかもボビー・ジャスパーの軽やかなフルートが、この“腰砕けメロディ”をさらに強調しているので、間抜け度がさらにアップしているように感じるのだ。

それ以前に、イントロの“どよ~ん”と響く、ポール・チェンバースのベースの録音が、なんだか風呂場で録音したような妙なエコーがかかっていて、“腰砕けメロディ”が始まる前から気が緩んでしまうのだ。

参加しているホーン奏者も、まぁナット・アダレイは良いにしても、一歩間違うと、とてつもなくイモなプレイをしてしまう“ごる”もいるし(笑)。

“ごる”とは、ジャズ研時代に我々が呼んでいたベニー・ゴルソンの愛称。

愛称だ。蔑称ではない。

良い曲を書く人なんだけど、彼のテナーはどこか、突き抜けきらないところがあって、常に“ほがほが・もごもご”しているところが、鬱陶しさと紙一重の差で、なんとも愛らしいところがあるので、親しみを込めて、我々はベニー・ゴルソンのことを“ごる”と呼んでいたのだ。

時折、ひっくり返るような、のたうちまわったような彼のテナーサックスのプレイを部室で聴くたびに、皆で「お、おい、“ごる”よ、大丈夫か?!」などと言い合って頬を緩ませていたものだ。

で、これを書くにあたり、久々にタイトル曲《ケリー・ブルー》を最初から最後まで聴いてみた。

やっぱり、冒頭の炭酸の抜けたコーラのようなベースに腰砕け。

次いで、やっぱりテーマのメロディに腰砕け。

さらに、ソロ奏者が代わるたびに繰り広げられる、“ハイ、それまでよ”的なインタールードにも腰砕け。

ケリーも、ナット・アダレイも、ボビー・ジャスパーも、悪いプレイをしているわけではない。

でも、“ごる”はやっぱり“ごる”っていた(笑)。

ふがふがとソロの中盤から熱病に浮かされたように、ゆらゆらと舞い上がり、自分のプレイにさらに触発されてか、ますますエキサイティングに一人でヒートアップしている。

おい、“ごる”よ、大丈夫か?!

と、タイトル曲の《ケリー・ブルー》のことばかり書いているが、この編成(セクステット)による演奏は、このアルバムでは2曲だけで(ボーナス・トラックを入れると3曲)、残りは、ピアノトリオによる演奏だ。

もう1曲の、セクステットの演奏による《キープ・イット・ムーヴィング》は典型的なハードバップといえる中味の濃い演奏で、ほにゃらけたイメージのタイトル曲とは打って変わって、グッと芯のある内容。

この曲を冒頭に持ってくれば、このアルバムのイメージも変わっていたかも?

さて、トリオ編成での演奏のほうはどうだろう?

このトリオは、当時マイルスのリズムセクションだ。

《ドゥ・ナッスィン・ティル・ユー・ヒア・フロム・ミー》のひらひらと飛び跳ねるケリーならでのピアノは心地よい。

《朝日のように爽やかに》のピアノはリズミックで、ほどよくダークで良い。チェンバースのベースがイントロとバッキング、そしてソロのどこを取り出しても素晴らしいプレイ内容だと思う。

彼のこのプレイを最初から最後まですべてコピーしたら、ベースをやっている人は、相当に4ビートの基礎とテイストを身につけることが出来ると思う。

同じく、ピリッとツボを押さえた《グリーン・ドルフィン・ストリート》も秀逸。

“風呂場レコーディング”なチェンバースのベースがここでは生きている《柳よ泣いておくれ》は、簡潔に要点を抑えたケリーのピアノが良い。

ブルース・ナンバーの《オールド・クロス》は、手馴れた演奏といった感じで、手馴れたケリーの演奏が楽しめる。

個人的には、3人のホーン奏者が不在のピアノトリオの演奏のほうが好みだが、全曲ピアノトリオでまとめてしまうと、また違った印象のアルバムになっちゃうんだろうな。

制作者の意図としては、1枚のアルバムを作り上げるにあたっては、トリオ+セクステットという2通りの切り口で、単調さを避けようとしたのかもしれないですね。

album data

KELLY BLUE (Riverside)
- Wynton Kelly

1.Kelly Blue
2.Softly,As In A Morning Sunrise
3.Do Nothin' Till You Hear From Me
4.On Green Dolphin Street
5.Willow Weep For Me
6.Keep It Mooving (take 4)
7.Keep It Mooving (take 3)
8.Old Clothes

#1,6,7:
Wynton Kelly (p)
Nat Adderley (cor)
Benny Golson (ts)
Bobby Jaspar (fl)
Paul Chamers (b)
Jimmy Cobb (ds)
1959/02/19

Other Selections:
Wynton Kelly (p)
Paul Chamers (b)
Jimmy Cobb (ds)
1959/03/10

記:2003/08/12

●参考資料
>>ホーン入りよりも、トリオの演奏のほうが良いウイントン・ケリー『ケリー・ブルー』

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。