カフェモンマルトル

text:高野雲

*

マンテカ/レッド・ガーランド

      2017/05/22

MantecaManteca

熱気と汗が似合う曲

ディジー・ガレスピー作曲の《マンテカ》は、《チュニジアの夜》とともにアフロ・ジャズを代表するナンバーだ。

この曲は、野生的でワイルドな演奏になればなるほど良い。
スケール、音量が大きくなればなるほど《マンテカ》という曲は光彩を放つと思う。

とにかく、ビッグバンドのような大人数で勢い良く「えいやっ!」とやるのが、《マンテカ》を作った「祭り大好き男」ディジー・ガレスピーの意図なのだろう。

しかし、熱気と汗の似合うこの曲も、ときにそればかりだと暑苦しく感じてしまうこともある。

たまには(ほんとにたまには)、汗が飛び散らない程度の《マンテカ》も聴きたくなるわけで、そんなときには、レッド・ガーランドのバージョンが最適だと思う。



sponsored link



レイ・バレットのコンガ

ホーンのいないピアノトリオによる《マンテカ》。……といきたいところだが、多少は「えいやっ!」な要素は残したかったのか、ピアノトリオにコンガが参加している。

強気な「えいやっ!」なニュアンスは感じられないが、ガーランドのしっとりとしたピアノと、レイ・バレットのコンガが加わるだけで、よりいっそうアーシーなムードが増長されるうえに、肩の凝りをほぐしてくれるようなリラクゼーション効果もある。

レッド・ガーランドの代表的名盤の1枚に『グルーヴィ』があるが、このアルバムのベースとドラムも『グルーヴィ』と同じく、ポール・チェンバースとアート・テイラー。

『グルーヴィ』ほどの知名度はないアルバムかもしれないが、演奏の充実度は『グルーヴィ』と比べて遜色はない。

ガーランドのピアノの特徴のひとつに、粒立ち丸やかなコロコロと転がるような高音部のフレージングがあるが、ミディアム・スローのブルース《モーツ・リポート》では、たっぷりと堪能できる。

また、歌心たっぷりのシングルトーンも彼の魅力。

これは、アルバム全編に渡ってもちろん楽しむことが出来るが、特に《イグザクトリー・ライク・ユー》が好きだ。

ガーランドのアルバムを数枚聴いている人がいれば、他の作品で聴いたことがあるメロディの集積のように感じるかもしれないが、お得意のメロディをまるで鼻歌を歌っているかのように転がしてゆく彼のいい意味でのノーテンキさがとても気持ち良いのだ。

記:2010/03/23

album data

MANTECA (Prestige)
- Red Garland

1.Manteca
2.'S Wonderful
3.Oh, Lady Be Good
4.Exactly Like You
5.Mort's Report
6.Portrait of Jenny [*]
* Additional track not on original LP

Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)
Ray Barretto (conga)

1958/04/11

 - ジャズ ,