ジャズ・アット・マッセイ・ホール/チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル

      2017/08/16

Pocket

ジャズ・アット・マッセイ・ホールJazz At Massey Hall

夢のようは組み合わせだが……

パーカーにガレスピー。パウエルにローチ。そして、ベースはミンガス。

夢のような顔ぶれによる、カナダはトロント、マッセイホールにて行われたライブの記録だ。

さすがにベテラン揃いなだけあって、「個」における即興演奏に関して言えば、素晴らしい瞬間がいっぱい。

だがしかし、実情としては、必ずしも各メンバーのコンディションや個人的事情はベストとは言いがたい状況だったようだ。

パーカーはサックスを質屋に入れてしまっていたので、代用のプラスチックのサックスを吹いている。(それでもプレイは素晴らしい瞬間がいくつも!)

ディジー・ガレスピーは、自分が出演中に行われているボクシングの試合が気が気で仕方がなかったので集中力散漫だった模様。 (しかし火の出るようなプレイの瞬間がいくつも!)

パウエルは体調が万全とはいえず、車椅子で、しかも看護婦同伴の出場だった。(しかし、ソロになるとめくるめくスピード感。もちろん、素晴らしいプレイがいくつも!)

そんな3人を気遣いながらシンバルレガートを刻むマックス・ローチ。

そんな連中に、呆れ顔なのかマイペースなのか、チャールズ・ミンガスは、結構遊んだベースラインもところどころに混ぜている。

テーマやラスト近くの「キメ」のアンサンブルがバラバラだったり、事前の打ち合わせが不十分だったのか、テーマに戻る箇所やテーマの演奏においては、おぼつかない箇所がいくつもあるなど、細かいところを突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めるのだが、それでも、このライブの演奏がとびっきり素晴らしいのは、ビ・バップというシステムは、徹底して「個」のシステムだったのだということの証明でもある。



sponsored link



ビ・バップ創造者たちのビ・バップらしい演奏

アンサンブル、演奏者同士の協調と一体感。

必ずしも、そんなものがなくとも、「個」においてのプレイが並外れて素晴らしければ、いくらでも聴衆の心を揺さぶることが出来る。

もちろん、並外れた技量・表現力を持っているということが前提条件ではあるが。

超人的な個人芸でオーディエンスを説得し、納得させ、揺さぶり、最終的には熱狂の渦に落とし込むパーカー、ガレスピー、パウエル、ローチ。

ビ・バップという先鋭的かつ前衛的な音楽を具現化した彼らによる、もっとも彼ららしい演奏なのかもしれない。

また、ある意味「ビ・バップというシステム」の素晴らしさと特異性、そして限界も垣間見せてしまった演奏でもある。

次第に、個人芸だけではなく、アンサンブルの要素も重視したスタイル(いわゆるハードバップ)に移行&深化を遂げてゆくのは時代の必然だったのだろう。

だからといって、それがこのアルバムの価値をおとしめるものではない。

やはり、パーカー、ガレスピー、パウエルのプレイは彼らの他の演奏と比べれば絶好調とはいえないのかもしれないが、それでもこちらの心を揺さぶるものがある。

つまり「超えてしまっている人」の表現は、調子が悪いときでも、やはり凡人のレベルよりは遥か高みにいるということなのだ。

記:2004/03/25

マッセイホールに客が少なかった理由

ちなみにこの日のマッセイ・ホールのライブはじつは観客はまばらだったという。

その理由は、この日はボクシングのヘビー級タイトルマッチの試合の日でもあり、多くの人々の関心はそちらのほうに向いていたからだ。

無敗伝説を誇り「褐色の爆撃機」と呼ばれたジョー・ルイスとロッキー・マルシアーノの戦いで、試合結果は挑戦者のロッキー・マルシアーノの勝利となり、ジョー・ルイスは引退することになった。

ボクシング好きのディジー・ガレスピーやチャーリー・パーカーも、この試合が気になって演奏に集中できなかったという逸話は有名な話。

楽屋ではテレビにへばりつき、なかなかステージに登場しようとしない。

プロモーターに「ギャラを払わないぞ!」と怒鳴られてようやくステージに上がるも、自分のソロパートを演奏すると、すぐにステージから引っ込み試合の動向を見守っていたのだという。

それでも彼らの演奏は「歴史に残る名演」になってしまっているので、やっぱりジャズっておもろい音楽だ。

加筆:2005/11/30

album data

JAZZ AT MASSEY HALL (Debut)
- Charlie Parker/Dizzy Gillispie/Bud Powell

1.Perdido
2.Salt Peanuts
3.All The Things You Are
4.Wee
5.Hot House
6.A Night In Tunisia

Dizzy Gillispie (tp)
Charlie Parker (as)
Bud Powell (p)
Charles Mingus (b)
Max Roach (ds)

Recorded live at Massey Hall(Toronto,Canada);
1953/05/15

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。