カフェモンマルトル

text:高野雲

*

マネー・ジャングル/デューク・エリントン

      2017/05/20

マネー・ジャングルマネー・ジャングル

カウント・ベイシーのようなノリの良いビッグバンドは好きだけれども、エリントン率いるビッグバンドの重厚、かつ妖艶なサウンドはどうも苦手……。

そういう人は、ビッグバンドはひとまず置いて、エリントンのピアノに耳をフォーカスさせてみよう。

『マネー・ジャングル』。

殺気だったピアノに度肝を抜かれるはず。

彼は、優れた作編曲家、オーケストラリーダーと同時に、優れた、いや、並外れた優れたピアニストでもあったのだ。

ベースは“怒れるベーシスト”チャールス・ミンガス。

ドラマーは、絶頂期のバド・パウエルの狂気じみたピアノのスピードに唯一ついてゆけたという巧者のマックス・ローチ。

この3人が、まるでなにかに憑かれたように、一丸となって、なにやら不穏な音塊を中空に叩きつけているのだ。

風雲急を告げる、ただごとではない雰囲気。軽い気持ちで聴こうものなら、その瞬間から手痛い攻撃を喰らいそうな気迫のこもったサウンドだ。

ローチのドラムは、まるでドラムで何者かを攻撃しているかのよう。

ミンガスは、リズムを刻むというよりは、エリントンのピアノと殴り合いをするかのような弦のかきむしりっぷり。

特に、弦を指板の外にグイとずらして、アタックの強い高音をビンビン鳴らし、パーカッシヴな効果を生む奏法を多用しているあたり、エリントンの伴奏役だけには甘んじないぞという意気込みが感じられる。

エリントンのピアノは、「弾く」というよりは、叩きつけるといった表現のほうがふさわしい。ゴツゴツした音で、ガンガン攻めてくる。

バシン!と空気を震わせる、この音色、 この音圧。

ピアノが悲鳴をあげているようだ。

この恐るべきピアノを弾く男、デューク・エリントンは、ジャズ界最大の巨人として、多くのジャズの巨人から崇められている存在なことは周知のとおり。

共演しているベーシストのチャールズ・ミンガスや、ピアニストのセロニアス・モンクらは、エリントンの影響をモロに受けているジャズマンだし、彼らの音楽の狙いはエリントンサウンドのスモールコンボ化だということは明らかだ。

さらに、かのマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンといったジャズ・ジャイアンツでさえも、エリントンの前では、ヒヨコ同然の存在感かもしれない。

ロックフェラー財団の奨学金を得た若かりし日の武満徹は、「デューク・エリントンに師事したい」と申し出たところ、冗談だろうと、笑われたそうだ。

それほど、大きな存在として、ジャズ、いや20世紀の音楽の世界に屹立している唯一無二の存在がデューク・エリントンなのだ。

あの気性の荒いミンガスでさえ、エリントンとこのアルバムの録音をするときは、足がすくんだと述懐しているほど(そのわりには、ベースでエリントンに喰ってかかっているが……)、音楽も、存在感も並外れたスケールを誇る男が、デューク・エリントンなのだ。

たしかに、彼のビッグバンドのサウンドは、むせかえるほどの濃さと、厚みがあり、モダンジャズの疾走する4ビートに聞きなれた耳からは異色に聴こえることがあるかもしれない。

実際、私もそうだった。

エリントンは敬して遠ざけていたところがあった。

しかし、エリントンという20世紀の音楽における、豊かで巨大な宝脈の存在を知りながらも、素通りしてしまうのはあまりにも勿体無さ過ぎる。

だから、手近で聞きやすいところからエリントンに是非近づいてみよう。

その第一歩が、ローチ&ミンガスと共演したトリオ『マネー・ジャングル』なのだ。

迫力と興奮で手に汗握ることだろう。

同時にジャズという音楽の怖さと破壊力も身を持って体感出来るに違いない。

album data

MONEY JUNGLE (Blue Note)
- Duke Ellington

1.Money Jungle
2.Fleurette Africaine
3.Very Special
4.Warm Valley
5.Wig Wise
6.Caravan
7.Solitude
8.Switch Blade
9.A Little Max (Parfait)
10.REM Blues
11.Backward Country Boy Blues
12.Solitude (alternate take)
13.Switch Blade (alternate take)
14.A Little Max (Parfait) (alternate take)
15.REM Blues (alternate take)

Duke Ellington (p)
Charles Mingus (b)
Max Roach (ds)

1962/09/17

記:2006/09/19

 - ジャズ , ,