カフェモンマルトル

text:高野雲

*

マイ・ファニー・ヴァレンタイン/マイルス・デイヴィス

      2017/05/20

マイ・ファニー・ヴァレンタインMy Funny Valentine

マイ・ファニーの歌詞

マイルス・デイヴィスって人は、ホント、人が悪い。

『フォア・アンド・モア』と同日に録音されたライブ盤、『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』のタイトルナンバーを聴いてみよう。

このあまりにも有名なスタンダードナンバーの歌詞は以下の如し。

おまえのオカしな顔は、
このオレを心の底から笑わせてくれる。
ギリシャの彫刻にはほど遠く、
口もとも少しだらしなく、
言葉遣いもスマートじゃない。
でも、おまえはそのままでいい。
そうすれば、オレにとっては、
毎日がヴァレンタインだからね。

こんなことを面と向かって、深刻な口調で言うんだぜ。

この世の終わりのように絶望的な表情で。

ライトを落として、ほとんど暗闇の中で、囁くように。

言われた女性はたまったもんじゃないだろう。

とろけるような甘い声で歌うチェット・ベイカーはどうだろう?

しっとりとダンディな声で語りかけるフランク・シナトラはどうだろう?

いずれにしても、《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》という曲は、イイ男が、それなりのムードで囁かないと、女性からはボコボコに殴られかねない危うい曲だ。



sponsored link



素晴らしいストーリー展開

だからこそ、ジャズマンは粋でなければならない。

粋さを欠いたブ男に《マイ・ファニー》をやる資格はないのだ。

もっとも、この曲、もとはといえば、女性が男性に向かって語りかける曲らしいが……。

『クッキン』においてはミュートをつけてピリッと小粋に《マイ・ファニー》をキメるマイルスも良いが、闇のドン底に突き落とす重たいオープン・トランペットで絶望を囁くマイルスの音、語り口も深くて絶品。

素晴らしい。

マイルスが心ゆくまで主役を演じた後は、三枚目役のジョージ・コールマンが、ありきたりなセリフを言いながらも、一生懸命場をフォロー、次いで、心優しく機転も利くハンコックが如才なくムーディな場を維持させる。

素晴らしいストーリー展開ですね。

突撃ぃ~!ドッカーン!な『フォア・アンド・モア』にばかり脚光が集まりがちな、1964年2月12日、ニューヨーク・フィル・ハーモニックで行われたライブだが、『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』のほうも、やはり良い。

ま、同じ日の演奏だから、極端に悪い演奏はないのだろうが。

リズムセクションも秀逸

「絶望のヴァレンタイン」に次いで登場する《オール・オブ・ユー》に、ホッとため息。

愛だの恋だのを通り越して、なにやら哲学的な境地にまで昇華されてしまったんじゃないかの《星影のステラ》に、ハァ~っとため息。

そして、このアルバムの中では一番エキサイティングな《オール・ブルース》。

ここでは、ロン・カーターのベースが頑張っている。

だからこそ、アクセントに変化をつけ巧妙なドラミングを施すトニーのドラミングも生き生きと輝く。

《マイ・ファニー》のみならず、他の曲もじっくりと聴けば聴くほど、魅力溢れる演奏が多い。

「陽」の『フォア・アンド・モア』に、「陰」の『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』。

その日の気分で聴き分けたい。

記:2004/08/12

album data

MY FUNNY VALENTINE (Columbia)
- Miles Davis

1.Introduction By Mort Fega
2.My Funny Valentine
3.All Of You
4.Go-Go (Theme And Re-Introduction)
5.Stella By Starlight
6.All Blues
7.I Thought About You

Miles Davis (tp)
George Coleman (ts)
Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b)
Tony Williams(ds)

1964/02/12

●関連記事
>>フォア・アンド・モア/マイルス・デイヴィス

 - ジャズ , ,