カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ニュー・ジャズ・コンセプションズ/ビル・エヴァンス

      2017/05/22

Pocket

ニュー・ジャズ・コンセプションズ+1New Jazz Conceptions

世評的には、エヴァンスのアルバムといえば、スコット・ラファロ(b)とポール・モチアン(ds)参加のリヴァーサイドの4部作(『ポートレイト・イン・ジャズ』『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』『ワルツ・フォー・デビー』『エクスプロレーションズ』)が代表作とされてはいる。

しかし、これからビル・エヴァンスを聴いてみようと思う人にとっては、聴きやすさはもちろんのこと、エヴァンスが醸し出す独特な雰囲気にひたれるという意味でも、このアルバムから入門するのも悪くないんじゃないかと思う。

『ニュー・ジャズ・コンセプションズ』は、エヴァンスが27歳のときの初リーダー作。

活動拠点をニューヨークに移して1年後のレコーディングだ。

エヴァンス特有のギクシャクとした生硬さが、かえって耳をそばだたせてしまう1曲目の《アイ・ラヴ・ユー》でツカミは抜群。

それに輪をかけ、さらに“生硬ギクシャク”の無限ループを描くかのような旋律が戦慄のテーマ《ファイヴ》を聴けば、エヴァンスというピアニストの個性が、すでに初リーダー作から色濃く放出されていることが分かる。

もっとも、テーマ処理は凝っていても、いざアドリブにはいると、バド・パウエルに端を発するこれまでのピアノトリオのオーソドックスなアプローチが多いことも確か。

これは、まだエヴァンスのスタイルが完成の域に達していないことの現れでもあり、またベースが、スコット・ラファロのような“旋律”ではなく、4ビートの“刻み”をキープしているということも大きい。

テディ・コティックが、ストレートに「4つ」を刻むベースの低音がベース(基盤)にあるからこそ、かえってエヴァンスの一筋縄ではいかない屈折したノリが際立つという面白さもある。

とくにアップテンポの《コンセプション》において、ベースがペダルトーンを保持している箇所での少し突っ込み気味のノリなどは、いかにもエヴァンスらしい。

摩天楼を背景にポーズをとるエヴァンス。

彼のメガネのレンズは、夜のマンハッタンのなにが映っているのだろう?

ジャケットから漂う雰囲気がそのまま音になったかのようなピアノは、知的な躍動感に溢れている。

記:2010/02/06

album data

NEW JAZZ CONCEPTIONS (Riverside)
- Bill Evans

1.I Love You
2.Five
3.I Got It Bad (And That Ain't Good)
4.Conception
5.Easy Living
6.Displacement
7.Speak Low
8.Waltz for Debby
9.Our Delight
10.My Romance
11.No Cover, No Minimum

Bill Evans (p)
Teddy Kotick (b)
Paul Motian (ds)

1956/09/27

 - ジャズ , ,