カフェモンマルトル

text:高野雲

*

新年あけましてバド・パウエルのジャズ・ジャイアント

      2017/05/21

ジャズ・ジャイアントJazz Giant

年明け一発にかけるアルバムは、バド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』なことが多い。

パウエルの厳しいタッチと、激しくドライブするスピード感のカタマリのピアノを聴いて、心身ともに引き締めようと考えるから。

これは、ジャズを聴き始めのころかずっと続いている。

さすがに最近は日常的に聴きまくるほどのアルバムではなくなっているが、聴くたびに新たな発見と驚きのあるアルバムには違いがないので、このアルバムはある意味、私のジャズの受信感度や感受性を測る定点的なバロメーターになっている。

ここ最近は、聴けば聴くほど、パウエルの狂ったようなスピード感に頭がクラクラするようになってきた。 このクラクラ感は、二日酔い、乗り物酔いのそれに近い。

特に冒頭の《テンパス・フュージット》は、まさに暴走列車そのものだが、このナリフリかまわないスピード狂ピアノは、ちょっと、いや、かなり異常。相当オカシイ。

聴けば聴くほど、そう感じるようになってきた。

最初に聴いたときは、いや、その後、何十回聴いた後の感想も、「カッコいい!」だったのだが、最近は年のせいか(?)、カッコいいだけでは済まなくなってきた。

なにが、ここまで彼をそうさせているんだ?!

いまでもパウエルのスピード感はカッコいいと思うが、怖さを伴ったカッコ良さだということを身にしみて感じるようになったのは、つい最近のこと。

もう何百回と聴いているはずなんだけれども、聴くたびに怖さが増す演奏というのも珍しい。というか、なんなんだ、一体?!

通常は、聴けば聴くほど、演奏のタネが分かったり、化けの皮が剥がれたりで、謎が解けてくるものだけれども、パウエルのピアノの場合は逆。

聴けば聴くほど、かえって謎が深まるのだ。

演奏の展開や、細部の細かいフレーズなど、すべて覚え込んでいるほどなんだけれども、そういうカタチとして認知出来る以外のところのヤバい空気が、常に聴いている私の感覚に襲い掛かってくるんだよね。

私が年をとったのか、それとも私の受信感度が上がったのか……。

とにかく、3分にも満たない短い演奏の中に封じ込められている悪魔的空間に触れると、どこかに連れ去れてしまうんじゃないかという感覚に襲われるのです。

あっという間の《テンパス・フュージット》が終わり、2曲目の《シリア》でホッと一息。

ああ、やっぱり《シリア》はいいなぁ、とほんの一瞬和み、《チェロキー》で再びアップテンポの演奏。

ただし、今回のアップテンポは、どちらかというと、希望に燃える力強いアップテンポなので、《テンパス・フュージット》ほど疲れるものではない。

次の《アイル・キープ・ラヴィング・ユー》の感動的な演奏で、落涙!

アルバム前半だけでも、

狂走→和み→疾走→感動&落涙

となかなか、忙しいアルバムではあるのだ。

しかし、短い時間のなかに、人間の人生の中の営みの多くの要素が凝縮されていることも確か。

まだまだ、しばらくはお世話になりそうなアルバムではある。

いや、一生、このアルバムからは足を洗えないとは思うが……。

記:2006/01/04

album data

JAZZ GIANT (Verve)
- Bud Powell

1.Tempus Fugit
2.Celia
3.Cherokee
4.I'll Keep Loving You
5.Strictly Confidential
6.All God's Children Got Rhythm
7.So Sorry Please
8.Get Happy
9.Sometimes I'm Happy
10.Sweet Georgea Brown
11.Yesterdays
12.April In Paris
13.Body And Soul

Track 1-6
Bud Powell (p)
Ray Brown (b)
Max Roach (ds)
Recorded in New York City,May 1949

Track 7-13
Bud Powell (p)
Curly Russell (b)
Max Roach (ds)
Recorded in New York City,January-February 1950

 - ジャズ , ,