カフェモンマルトル

text:高野雲

*

パリ・ジャム・セッション/アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズ

      2017/05/20

パリ・ジャム・セッションParis Jam Session

バルネ・ウィラン

久々に『パリのジャムセッション』をかけたら、どこかで聴いたことのあるようなアルトサックスの音色がした。

ちょっとつまった感じと、熱に浮かされた感じ。

「え?マクリーンって参加してたっけ?」と思ってパーソネルを見ると、なんと、アルトを吹いているのは当然のことながらジャッキー・マクリーンであるはずもなく、なんとバルネ・ウィランだった。

気がつかなかった。

しかも、テナーではなく彼は昔はアルトも吹いていたんだということも新発見。

10年も前から聴いているアルバムなのに、不覚にも気がつかなかった私は、いったい今までどこをどう聴いていたのだか。



sponsored link



バド・パウエルが参加

この傑作アルバム『パリのジャムセッション』は、パウエル・ファンにもたまらない一枚だと思う。

基本的には、当時のアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのメンバーによる演奏だが、最初の二曲にはパウエルが参加しているのだ(ついでにバルネも)。

参加しているのは両曲ともパウエルのオリジナル。
《異教徒たちの踊り》と 《バウンシング・ウィズ・バド》だ。

両方とも初期パウエルの代表的な傑作ナンバー。

テーマ部のアンサンブルを聴いていると、フロントは曲のメロディを未消化だったりする箇所もあるが、気になるほどではない。

ブレイキーはさすがの貫禄、曲をよく理解している。盛り上げるところは大いに盛り上げる好サポート。

彼の快調なサポートに支えられて、淡々とフレーズを紡ぎ出すパウエルのピアノに耳が引き付けられる。

チュニジアの夜

このジャムセッションは、ジャズ・メッセンジャーズが1959年に2度目の欧州ツアーを行ない、パリでの模様最終公演の模様を収録したものだ。

ラストの《チュニジアの夜》が圧巻。

ブルーノートから出ている同名タイトルアルバムと同じアレンジではあるが、こちらの演奏のほうがクドくなくて良い。
スピード感もあるし。

リー・モーガンの好演も光っている。

この『パリ・ジャムセッション』は、再生するたびに「ああ、俺は今ジャズを聴いているんだなぁ、ジャズってやっぱりいいよなぁ~」という感慨に浸れる素晴らしいアルバムなのです。

album data

PARIS JAM SESSION (Fontana)
- Art Blakey

1.Dance Of The Infidels
2.Bouncing With Bud
3.The Midget
4.Night In Tunisia

Art Blakey (ds)
Lee Morgan (tp)
Barney Wilen (as) ※only on #1 & #2
Wayne Shorter (ts)
Bud Powell (p)※only on #1 & #2
Walter Davis Junior (p)
Jimmy Meritt (b)

1959/12/18

記:2003/04/30

 - ジャズ , ,