カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ポール・チェンバース・クインテット/ポール・チェンバース

      2017/05/21

Paul Chambers QuintetPaul Chambers Quintet

もしかしたら、名盤『ベース・オン・トップ』を上回る内容かもしれない『ポール・チェンバース・クインテット』。

パーソネルが面白い。

ドラムがエルヴィン・ジョーンズなのだ。

チェンバースとエルヴィンというリズムコンビネーションって結構珍しいんじゃないか?

チェンバースで思い浮かぶドラマーって、どうしても、アート・テイラーやフィリー・ジョー・ジョーンズなどの名前が真っ先に思い浮かんでしまうからね。

エルヴィンは、控えめにリーダーのチェンバースを立てる役に徹してはいるし、音のバランスも、ドラムの音は、かなり奥のほうに引っ込められている。

しかし、粘りのあるブラッシュワークと、さり気ないシンバルでのニュアンス作りは特筆もの。この邪魔にならないソツないドラミングは特筆に価する。

もちろん2人のリズムコンビネーションも申し分ない。

ホーン陣は、トランペットにドナルド・バード。
テナーサックスにクリフ・ジョーダン。

うーん、渋い!

で、トミー・フラナガンの趣味の良いピアノが脇を固めるという寸法。

なかなか、オイシイ組合せだ。

もちろん、リーダーはベーシストのポール・チェンバースだが、『ベース・オン・トップ』ほど、ベースが前面に出た内容のアルバムではない。

ベース・ソロに焦点を当てず、「ゴキゲンな演奏を生み出す屋台骨としてのベースをご鑑賞ください」というのがこのアルバムの趣旨なのだろう。

彼のベースを全面的にフィーチャーしたナンバーは《朝日のように爽やかに》ぐらいなもので、他の曲は、あくまでアンサンブル重視な内容。

もちろん、普通の演奏よりはベースソロが長いかな?という演奏もあるし、ソロの順番がベースが最初だったりする曲もあるが、それはベーシストがリーダーのアルバムゆえ、仕方の無いことでしょう。

ただ、1曲目の《マイナー・ランダウン》冒頭のベースにスポットをあてたアレンジは、チェンバースのベースワークにスポットを当てた内容で、早くもチェンバースの世界にのめりこむ格好の橋渡しとなっている。

非常に丁寧な演奏、かつ躍動感のある4ビートを味わえる好アルバムだ。

album data

PAUL CHAMBERS QUINTET (Blue Note)
- Paul Chambers

1.Minor Run-Down
2.The Hand Of Love
3.Softly As In A Morning Sunrise
4.Four Strings
5.What's New
6.Beauteous

Paul Chambers (b)
Donald Byrd (tp) #1,2,4,7
Clifford Jordan (ts) #1,2,4,7
Tommy Flanagan (p)
Elvin Jones (ds)

1957/05/19

記:2006/07/05

 - ジャズ , ,