カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ピアソンの訥々ピアノに愛着を覚える。

      2017/05/20

Pocket

gaitou

デューク・ピアソンがブルーノートから発表した初リーダー作の『プロフィール』。

このピアノトリオ、地味だけど、なかなかいいよ。

昨日から、こればっかり聴いている。

おそらく《ブラック・コーヒー》が、このアルバムの目玉曲なんだろうけれども、1曲目の《ライク・サムワン・イン・ラヴ》も面白い。

途中で三拍子になる要素を挟んだりして、結構テーマの処理が凝っているんですよね。
アルバムの冒頭を飾るからなのかもしれませんが、けっこう張り切っています。

ところが、アドリブになると「本音」が現れる。
いや、「本音」じゃないか。
生のままのピアソンの姿があらわになる。

つまり、この人、ピアノはちょっと不器用なんだよね。
ヘタってわけじゃないが、決して流暢じゃない。

どちらかというと訥々タイプ。

音の流れが団子になったりと、整然と8分音符が並ぶわけではなく、かなりゴツゴツとしたフレージングなんだよ。

でもね、ピアノを弾く喜び、初めてリーダー作をレコーディングする喜びなのかもしれないけれども、喜びに溢れているんだよね、音が。

ああ、オレはこの曲を弾けて嬉しい、ってピアノの音が語っている。
だから、とめどもなく、新しいフレーズが湧いては、弾き、弾いては、新しいフレーズが現れるの繰り返し。

ほんと、ハッピーな気分で、音を紡いでゆく様子が手にとるようにわかるんだ。

聴いているこちらまで嬉しい気分になってきてしまう。

決して、テクニシャンじゃないし、あっと驚くフレーズも出てこないんだけれども、一生懸命、この曲を弾いています、で、この曲を弾くのが楽しくてたまらないです、といった音の喜びが楽しくてたまらないのですわ。

だから、何度も聴いてしまっているんだろうな。

作編曲には、素敵なセンスを発揮するデューク・ピアソン。
ピアノのプレイは訥々型で、決して華麗なテクニシャンというわけではない。

しかし、彼の訥々タイプのピアノは、限りなく素敵なのであります。

記:2002/06/25

●関連記事
>>プロフィール/デューク・ピアソン
>>ペギー・リーとデューク・ピアソンが描くブラックコーヒー

 - ジャズ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。