ぬくもりと安心感。職人ゲッツのテナーサックス

      2017/05/22

Pocket

スタン・ゲッツ・カルテッツ+5スタン・ゲッツ・カルテッツ+5

スタン・ゲッツの良さは、どんなに難しい曲や演奏でも、いとも簡単にスムースに演奏してしまうところだと思う。

普通だったら額に汗して演奏するところを、難解さや懸命さ微塵も感じさせず、滑らかに、しかもメロディアスに演奏してしまうところだと思う。

レスター・ヤングの影響を強く受けたソフトな流麗さ、流れるようなスムースなフレージングは、ゲッツにしか出せない味わい。いわば職人芸だ。

スタン・ゲッツは、この職人芸を大きくブレることなく、終生貫きとおした稀有なインプロヴァイザー。

よって、彼の作品には当たり外れの大きな差はない。

あとはサウンドの肌触りの違いで、人によって好きな時期が分かれるだけだ。

私に関していえば、一般にクール時代のゲッツと分類されている時期、そう、『スタン・ゲッツ・カルテット』のゲッツが好き。

この時期のゲッツと、バックのリズムセクションが醸し出す雰囲気がたまらなく好きだ。

もちろん、ボサに手を染めたゲッツも好きだし、晩年のケニー・バロン(p)との心温まる交流も素晴らしい。

ビル・エヴァンスや、チック・コリアらのピアニストと“競演”した熱いゲッツもエキサイティングだ。

しかし、最終的に落ち着くのは、『スタン・ゲッツ・カルテッツ』の世界。

この肌触り、このぬくもりだ。

初期のゲッツは、“クール・ゲッツ”と呼ばれるように、たしかにエモーションを内に秘めたままのアプローチはクールなのだろう。しかし、浮かび上がるテナーの音色そのものは、よく聴くと、非常にウォーム。

冷えきった秋の雨の中、ようやく辿りついた小さな喫茶店の扉を開けた瞬間に感じる、ぬくもりと安心感のようなものを感じる。

どこまでも空間にとろけるようにマイルドで暖かなテナー。

穏やかで淡々とした語り口の中にも、たしかなぬくもりを感じる職人ゲッツのテナーサックス。

だから私はこのアルバムには深い愛着を感じているのだ。

記:2006/11/18

album data

STAN GETZ QUARTETS (Prestige)
- Stan Getz

1.There's A Small Hotel
2.I've Got You Under My Skin
3.What's New
4.Too Marvelous For Words
5.You Steeped Out Of A Dream
6.My Old Flame
7.My Old Flame (alternate take)
8.Long Island Sound
9.Indian Summer
10.Mar-Cia
11.Crazy Chords
12.The Lady In Red
13.The Lady In Red (alternate take)
14.Wrap Your Troubles In Dreams

#8,9,10,11
Stan Getz (ts)
Al Haig (p)
Gene Ramey (b)
Stan Levey (ds)
1949/06/21
#1,2,3,4
Stan Getz (ts)
Al Haig (p)
Tommy Potter (b)
Roy Haynes(ds)
1950/01/06

#5,6,7,12,13,14
Stan Getz (ts)
Tony Aless (p)
Percy Heath (b)
Don Lamond (ds)
1950/04/14

●関連記事
>>スタン・ゲッツ・カルテッツ/スタン・ゲッツ

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。