プレゼンティング/レッド・ミッチェル

      2017/05/21

Pocket

PresentingPresenting

猫ジャケ

ネコと一緒にベースを弾くレッド・ミッチェルのジャケ写がなんとも微笑ましいですね。

おいおい、その肉球でベースの弦の音出せるの?
そんなミッチェルの声が写真から聞こえてきそう。

ネコ好きの人なら、ジャケットを部屋に飾るためだけに買ってしまうかもしれませんね。



sponsored link



抜群の安定感

それこそネコと一緒に昼下がりに日向ぼっこをしながら、ほのぼのとしたノンビリ気分で聞きたいアルバムであることは確か。

とはいえ、ゆる〜い内容なのかというと、その逆で、要所要所がピリリと引き締まった演奏なのです。

ベーシストのリーダー作ゆえ、ミッチェルのベースソロの出番は多めではあるけれども、コンボとしてのまとまり具合も半端ではないアンサンブルを聴かせてくれます。

ミッチェルのベースは、そのビッグトーンと、揺らぐことのないドッシリと安定したリズムが持ち味で、リロイ・ヴィネガーとともに、西海岸では引っ張りだこのベーシストでしたが、このアルバムを聴けばその理由がよくわかります。

とにかく無駄がない。

ひとつひとつの低音に説得力があり、自覚と責任をもってベースの弦をはじいていることがよく分かります。

くわえて、ビリー・ヒギンズのドラミングもドッシリと地に足をつけています。

ヒギンズのドラムは、シンバルレガートの力強さが魅力で、どちらかというとオカズの少ないドラマーなのですが、4小節交換のドラムソロなどでは、じつに卓越したスティックさばき。

ブラシに持ち替えた演奏でも、巧みなブラッシュワークを披露してくれます。

ジェームス・クレイのタフなテナーとハスキーなフルートも味わいがあって、とてもよろし。

また、ロレイン・ゲラーも控えめながらも、常に滑らかさを失わないピアノを弾いています。

カラリと晴れた太陽の日差しと、湿度の少ない西海岸の気候を思い出さずにはいられないサウンドが全編にわたって感じられるのは、このアルバムに限らず、ウェスト・コースト・ジャズの名門・コンテンポラリーならではの仕上がりなのかもしれませんが、とにもかくにも、ウイスキーよりもアイスコーヒー、ビールよりもコーラが飲みたくなってしまう「午後のジャズ」、いや、このアルバムに限っては「ネコのジャズ」なのであります。

album data

PRESENTEING RED MITCHELL (Contemporary)

1. Scrapple From The Apple
2. Rainy Night
3. I Thought Of You
4. Out Of The Blue
5. Paul's Pal
6. Sandu
7. Cheek To Cheek

Red Mitchell (b)
James Clay (ts,fl)
Lorraine Geller (p)
Billy Higgins (ds)

1957/03/26

記:2015/03/17

関連記事

>>サム・ホット・サム・スイート・サム・ワイルド/レッド・ミッチェル

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。