カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

プロフェッサー・ソウル/チャールス・カイナード

      2017/05/22

Pocket

Professor Soul

邦題、《恋はフェニックス》。

この、なんとも凄いタイトルの曲が好きで(笑)、この曲を聴くためだけに、たまに棚から取り出すCDといってもいい。

ご存知、ウエストコーストを代表するオルガン奏者、チャールス・カイナードのリーダー作『プロフェッサー・ソウル』。

ウエストコーストというと、どうしても、イメージ的にあっさり塩味を連想してしまいがちだが、カイナードのオルガンはさにあらず。

コテコテなのよ、結構。

塩ラーメンやタン麺では決してありえず、まぁ、豚骨ですね、完全に。

R&B路線のギタリスト、カル・グリーンの参加も大きいと思う。

テキサス出身の彼の太いギターに触発されてか、カイナードのコテコテオルガンも絶好調。

ギターとオルガンのブレンド具合も気持ちいい。

全編に色濃く漂うゴスペルテイスト。
ジャズ好きならず、ソウル好きにはたまらない1枚だと思う。

記:2007/03/16

album data

PROFESSOR SOUL (Prestige)

1.Professor Soul
2.Cristo Redentor
3.Song of Delilah
4.Sister Lovie
5.By The Time I Get to Phoenix
6.J.C

Personnel[edit]
Charles Kynard (org)
Cal Green (g)
Johnny Kirkwood (ds)

1968/08/06

 - ジャズ