カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

レッズ・グッド・グルーヴ/レッド・ガーランド

      2017/05/21

Pocket

レッズ・グッド・グルーヴRed's Good Groove

2つの個性

レッド・ガーランドというピアニストを特徴づける表現スタイルというか、表現の引き出しは、それほど多くはない。

極論してしまえば、「美しいシングルトーン」と「美しい響きのブロックコード」の2つだけだ。
しかし、この2つだけでも、一聴しただけで、ガーランドだと分からせるだけの個性を有していることは、とても素晴らしいことだ。

凡百なピアニストであれば、その人だと分かるだけの個性の1つだって持ち合わせてはいやしないのだから。

そして、たった2つでも、際立った個性があれば、これを軸に、いかようにでもニュアンスや表情を付加することが出来るので、曲やテンポ、共演者やアレンジが異なれば、それだけ多くの種類の表現が成り立つわけだ。

そのことについては、「堺雅人と、レッド・ガーランド」にも書いたので繰り返さないが、要するに、作品ごとに、レッド・ガーランドが放つ「ピアノの表情」は微妙に異なるため、単に「カクテルピアニスト」だの、「ワンパターン」だのとは言ってられないし、もし、そう感じているのであれば、まだまだ「聴き込みが浅い」のではないかと思わざるを得ない。



sponsored link



ギザッ! ギザギザ!

さて、アルバム『レッズ・グッド・グルーヴ』でのガーランドはどうなのだろう?

マイルスと共演したときのようなキリッとしたピアノの表情ではない。

また、プレスティッジに数多く残したリーダー作に漂うような心地よく、良い意味での「緩さ」とも趣きが異なる。

ここでのガーランドは、少々ギザッと尖っている。

もちろん、彼ならではのブロックコードの響きや、シングルトーンの特徴的な粒立ちはそのままだ。

しかし、音の配列は同じでも、そこから漂う雰囲気は上記2つの表情とは随分と違うことに気付かれることだろう。

ギザッ!としたピアノに聴こえる理由の一つに、サム・ジョーンズのベースの存在が大きいのではないかと考える。
サム・ジョーンズのベースも、ギザッ!とダークな光彩を放つ音色とフレバーだ。

ガーランドと共演回数の多いベーシストは、いうまでもなくポール・チェンバースだろう。

マイルス・クインテットの同輩でもあるし、プレスティッジでのレコーディングでも、共演作品は多い。

そのこともあってか、私は、ガーランドのピアノの音色と、チェンバースのベースの音色がセットとなって頭の中にインプットされているようだ。

チェンバースのベースの音色は、サム・ジョーンズに比べると、まろやかだ。

温かみがありふくよかさが感じられる。

その一方で、サムのベースは、チェンバースに比べると、もう少し鋭角的だ。

少なくとも、チェンバースよりは、本当に微妙な差なのだが、エッジの尖ったベースを弾く。

エレクトリックベースでたとえるなら、エレキベースの定番中の定番であるプレシジョンベースの丸くて太い音がチェンバースだとすれば、もうひとつの定番、ジャズベースの輪郭がしっかりとしたタイトな音色がサム・ジョーンズなのかもしれない。

かなり強引な喩えだけれど。

このサム・ジョーンズの「ギザッ」とした音色に触発されたのか、あるいは、バリトンサックス奏者、ペッパー・アダムスの音色とフレーズに誘発されたのか、ガーランドのピアノからは、聴きなれたプレスティッジの諸作品と比べると、もう少し音が立ち、前に出てくるエネルギーとパワーを感じることが出来るのだ。

そういえば、ペッパー・アダムスの音色も、かなりギザギザしている。

そのギザギザっぷりから、「ナイフ」というニックネームをつけられたこともあるという。

ギザギザな個性を有するベーシストとバリトンサックス奏者。

さらに、打撃のアタックとインパクトが、どうしようもなく「ジャズ」で「ワル」なフィリー・ジョーがドラムセットの椅子に座っているとなれば、ガーランドも自然、ソフトさよりも尖った一面が出てしまうのかもしれない。

しかも、それが良い方向に作用しているのだから素晴らしい。

マイルドな歌心を遺憾なく発揮するトランペッター、ブルー・ミッチェルの参加も、このアルバムの素晴らしさを底上げしていることは言うまでもない。

ギザッと尖っていながらも、ペッパー・アダムスにしろ、サム・ジョーンズにしろ、本質的には、歌心溢れるジャズマンだし、フィリー・ジョー・ジョーンズは、マイルス・クインテット時代の盟友だ。

悪い演奏に陥るわけがないのだ。

一曲目の《レッズ・グッド・グルーヴ》でのガーランドのピアノソロを聴いて、「おやっ?いつもより少しだけワイルドなピアノだぞ?!」と感じたら、もうあとは、流れにまかせてしまえば良し。

最後まで、楽しく聴き通せてしまうことだろう。

記:2015/04/25

album data

Red's Good Groove (Riverside)

1. Red's Good Groove
2. Love Is Here to Stay
3. This Time the Dream's on Me
4. Excellent
5. Take Me in Your Arms
6. Falling in Love With Love

Red Garland (p)
Blue Mitchell (tp)
Pepper Adams (bs)
Sam Jones (b)
Philly Joe Jones (ds)

1962/03/22

関連記事

>>堺雅人と、レッド・ガーランド

 - ジャズ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。