カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ロリンズのラストライブに行ってきました。

      2017/05/21

2005年11月07日

先日、国際フォーラムにソニー・ロリンズのラストライブにいってきました。

ラストとつくだけあって、

今回で日本最後の公演となるわけです。

ある意味、最後のジャズの巨人、ソニー・ロリンズ。

これは行かない手はないでしょう!

当然、息子も女房も連れて行きました。

会場には、青春時代にジャズが流れてたーっ!

って中年以降の年配の人が多かったですね。

なんたって彼らにとってのヒーローの見納めですから。

我々も楽しめました。

特に、息子は、ここのところスーツ(もどき)ばかりを着れて

嬉しいようです。

先日の我々の結婚記念日にもスーツを着れて嬉しいなったら嬉しいなみたいだったし、

一昨日も、友達が出るバレエの舞台にもスーツを着て観に行ったようです。

我々が座った席は、なんと前から4列目の席!

しかも、ほぼ、ど真ん中!

うーん、ほんと、至近距離でロリンズの雄姿を拝めて、満足満足。

プレイがどうの、アドリブやアレンジがマンネリとかは言いっこなしで(笑)、

とにかく、元気に吹きまくる優しき巨大お爺さんの姿を見れただけでも、私は大満足だったのだ。

とくに、ここ数日酒の呑みすぎということもあってか、

頭の中に薄い膜がどんよりと被っているような日々が続き、

体調もどんよりと重たく、なんとなく動くのが面倒臭いほど疲れまくっていたのですが、

ロリンズの音、ロリンズの動き、ロリンズの元気な姿、ロリンズの声、

これらのものに触れていくうちに、どんどん体の中の血行がよくなってゆくのを感じた。なんだか、体の中に滞っていた悪い「気」や、よどんだ血のようなものが、勢いよく流れはじめ、体調がよくなったような感じ。

なんだか温泉みたいな効果だな(笑)。

でも、ほんと、ロリンズの存在感というバイブレーションが私の体内までをも揺さぶったのかもしれないですし、そういうことにしといてください(笑)。

息子も、面白かった、楽しかったと、このライブの後に食べに行ったイタ飯屋でしきりに言っていたので、良かった、善かった、です。

誰がよかった?と尋ねると、まずは、サンタクロースみたいなお爺さん(つまりロリンズ)、

次に、パーカッションの人だった。

私は、ギターのボビー・ブルームのサポートっぷりもファッションもすごくカッコいいと思いました。

▼ロリンズの楽しさを味わうのならば、コレ!

Sonny Rollins
No Problem

▼一人による完全即興ソロライブ。ロリンズの凄さが分かる一枚。

Sonny Rollins
The Solo Album

▼最近のロリンズの名盤5枚

Sonny Rollins
Falling in Love with Jazz
Sonny Rollins
This Is What I Do
Sonny Rollins
Here's to the People
Sonny Rollins
Old Flames
Sonny Rollins
Plus 3

▼もっとも代表的な一枚

Sonny Rollins
Saxophone Colossus

▼ユーモア溢れる演奏が多く、個人的には大好き

Sonny Rollins
Sonny Rollins and the Contemporary Leaders

▼コルトレーンとの対決盤。3枚上手に、軽ーくコルトレーンをいなしてしまう余裕のロリンズ。

Sonny Rollins
Tenor Madness
▼うまい!素晴らしい!という言葉しか思い浮かばないほど、簡潔明瞭、ノリよくツボをおさえたロリンズの歌心が発揮された初期の1枚。
Sonny Rollins With the Modern Jazz Quartet
Sonny Rollins With the Modern Jazz Quartet

▼隠れた大名盤。素晴らしい演奏ですよ。

Sonny Rollins
Moving Out

▼セロニアス・モンク好きにもたまらない1枚

Thelonious Monk, Sonny Rollins
Thelonious Monk & Sonny Rollins

▼温泉に浸かりながら、あるいは風呂上りにビールを飲みながら聴きたい《ワゴン・ホィール》。

Sonny Rollins
Way Out West

▼速さの限界に挑戦!激しさの中にもユーモアが。

Sonny Rollins
Sonny Boy

▼70年代のアニメソングを彷彿させるような、アレンジが楽しい。

Sonny Rollins
Way I Feel

▼おなじみ《アルフィー》が収録!

Sonny Rollins
Alfie

▼じつは、私が一番好きなロリンズのアルバム。聴いた聴いた聴きまくったぁー!

Sonny Rollins
A Night at the Village Vanguard, Vol. 1

▼ジャケットもカッコイイロリンズの代表盤。

Sonny Rollins
Sonny Rollins, Vol. 2

▼笑えるカッコ良さ満載。探偵物語チックなハードボイルド路線が彼にはよく似合う。

Sonny Rollins
Newk's Time

 - ジャズ