カフェモンマルトル

text:高野雲

*

サキソフォン・コロッサス/ソニー・ロリンズ

      2017/05/20

Pocket

サキソフォン・コロッサスSaxophone Colossus

名盤 サキソフォン・コロッサス

テナーサックス奏者、ソニー・ロリンズの代表的名盤の筆頭にあげられることが多い『サキソフォン・コロッサス』。このアルバムは、おそらくは多くのジャズファンにとっては、耳タコな名盤だろう。

「耳タコ盤」には、耳タコになるなりの理由があるわけで、当然ながら、リスナーを魅せてやまないサムシングがふんだんに盛り込まれているゆえに、何度聴いても飽きない、繰り返しの鑑賞に耐えうる魅力がある。

『サキソフォン・コロッサス』こと『サキコロ』は、繰り返しの鑑賞に耐えうるどころか、聴くたびに新たな発見と驚きを約束してくれるアルバムなのだ。



sponsored link



ロリンズ トミー・フラナガン

最初はロリンズのサックスに魅せられることだろう。

豪放なブロウ。それとは裏腹に繊細な一面も垣間見ることも出来る。

ユーモアが盛り込まれている上に、アドリブの旋律も魅力的な瞬間が目白押し。

しばらくすると、トミー・フラナガンの役割どころをわきまえたセンスの良いピアノや、よく聴くとかなり複雑なリズムをたたき出しているマックス・ローチのドラムにも魅せられるようになってくることだろう。

サックス、ピアノ、ドラムスと、鑑賞の際の「耳の焦点」をどこにフォーカスするかによっても、聴こえ方が変わってくるし、新しい発見もある。

だから、嬉しくなる。

だから、また聴く。

次第に細かいところにも気がつくようになる。

《セント・トーマス》は最初のテンポよりも後半のほうが走っているとか、《ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラブ・イズ》に出てくるロリンズのモールス信号フレーズとか、《モリタート》の後半にも一瞬モールス信号フレーズが出現するなど。

音的な発見と同時に、活字を通してジャズの情報を仕入れている人は、「カリプソ」、「4バース」、「テーマティカル・インプロヴィゼーション」、「マック・ザ・ナイフ」、「ポリリズム」などといった用語の知識も増えてゆき、それを確認するために、また聴くという「聴く循環」が繰り返され、いつのまにか愛聴盤の1枚に加わるという寸法。

この状態がしばらく続いた後、さらに新たな発見、あるいは新しい驚きを感じるのが、おそらくは、ダグ・ワトキンスのベースなのではないだろうか。

ダグ・ワトキンス

ダグ・ワトキンスのベースこそが、ある意味「サキコロ最後の秘境」でもあるのだ。

まず、筆頭に上げられるのはなんといっても《ブルー・セヴン》のイントロだろう。

これは、寺島靖国氏がご自身の著書でも指摘されているように、粘りのあるノリと、ブ厚い音色が魅力だ。

ワトキンスは、ポール・チェンバースとは親戚関係にあることが関係あるのか、ないのかは分からないが、タイプ的には二人は似たベースを弾く。

ところが、チェンバースのベースは比較的あっさりしたノリなことに対して、ワトキンスのベースはもう少し重たいグルーヴ感がある。

ソニー・クラークのピアノのノリを「後ろ髪を引かれるような」と形容したのは、故・油井正一氏だが、まさにこの形容がそのままワトキンスのベースのノリにも当てはまるのだ。

よって、彼の特徴的なノリを味わえるのは、ほかの楽器がかぶさっていない《ブルー・セヴン》のイントロが最適なのだ。

重たく引きずるような4ビートの刻みが始まり、少しあとにマックス・ローチのハットがかぶさる。

しばらく続くこのリズムがなんともスリリング。

不機嫌なアクビをしているようなロリンズが断片的に短いフレーズを織り交ぜながら、次第に演奏としての体をなしてゆく様は、まさに「曲」を聴く悦びよりも、「演奏」を体感する歓びだ。

ストロード・ロード

そして、もう一つ。

これはあまり語られることがないのだが、《ストロード・ロード》が良い。スリリングな瞬間は、テーマが終了した直後に現れる。

ドラムとピアノが抜けるのだ。

伴奏はベースのみ。つまりリズムを刻むのもベースのみの状態になる。

ロリンズのテナーをグイグイと強靭なラインで牽引してゆくワトキンスのなんと力強いことか。

スピード感とともに、安定感をも感じる素晴らしいベース。

少し後にピアノとドラムがほぼ同時に演奏に参加するが、このすべての音が一つになる瞬間もカッコいい。

まるでコンバトラーVのような合体ロボ(古いな)の合体が終了し、エネルギーを帯びた全身がキラリと光る瞬間を目の当たりにするようだ(なんのこっちゃ)。

ベースはジャズの心臓だ。

演奏のエンジンだ。

このことを実際の音で理解するには《ブルー・セヴン》のイントロや、《ストロード・ロード》のテーマ終了直後を聴けば良い。

まだまだ「耳タコ名盤」には聴きどころは隠されている。

記:2003/05/14

album data

Saxophone Colossus (Blue Note)
- Sonny Rollins

1.St.Thomas
2.You Don't Know What Love Is
3.Strode Rode
4.Moritat
5.Blue Seven

Sonny Rollins (ts)
Tommy Flanagan (p)
Doug Watkins (b)
Max Roach (ds)

1956/06/22

●関連記事
>>「サキコロ」をしゃぶりつくせ!〜ソニー・ロリンズ・名盤の愉しみ方

 - ジャズ , ,