カフェモンマルトル

text:高野雲

*

渋さ道/渋さ知らズ

      2017/05/20

Pocket

渋さ道渋さ道

夏にもつ鍋!

一言で言うと、そんなニュアンスかもしれない。

暑苦しさと、ドン臭さと、汗臭さがダクダクだよ~!

イキのいい、いや、イキが良すぎて何をしでかすか分からないヤバいミュージシャンのアブない音がテンコ盛り!

でも、だからこそ、ウマい!マイッた!

かっこいいよ~。ギターがギョワギョワと狂ってるよ。

“ドッコイ大作”なサビが「男の哀愁」を誘うぜよ。

そんな感じで、私は渋さ知らズの《ナーダム(那達幕)》が大好きなので あります。

作曲は、林栄一。
素敵すぎるセンス!

セシル・テイラー・ユニットから知性を抜き、コルトレーンの『アセンション』から思想を奪い、カークの『ボランティアード・スレイヴリー』の“タガ”が外れ、マイルスの『パンゲア』をアホにした獰猛お下劣全開サウンド。

いや、オビに謳われる“通俗前衛”という言葉が、いちばん渋さ知らズの サウンドを言い当てているもしれない。

“通俗前衛”。

いい言葉だ。

思わずニヤリとしませんか?

渋さのサウンドの虜になっている人は?

瞠目せよ!これが渋さ知らズだ!文句あっか!な《ナーダム》。

これを聴けるだけでも、渋さ知らズのファースト・アルバム『渋さ道(みち)』 は価値のある超怒急迫力アルバムなのです。

1曲目の《阿呆の王》もスゴイぞ。本当にアホのチンドン屋行進曲のようで、もうこの“マヌケ偉いっぷり”には、ひれ伏すしかない。

ボーナストラックの《サリー》以外は、江古田のライブハウス“バディ”でのライブが収録されている本盤。

渋さ知らズの入門盤としても最適な内容なのだ。

album data

渋さ道 (地底レコード)
- 渋さ知らズ

1.阿呆の王
2.アラタのちっちゃな翼
3.那達幕
4.大沼ブルース
5.戦士
6.イゴーゴーゴー
7.我終干自由了
8.サリー

不破大輔 (dando-list)
北 陽一郎 (tp)
石川 寧 (tp)
末広修一 (tp)
大由鬼山 (尺八、笛)
加藤崇之 (g)
勝井祐二 (vln)
鈴木 新 (ss)
日下部安宏 (as)
今野 聡 (ts)
川下直広 (ts,ss)
広瀬淳二 (ts,ss)
泉 邦宏 (as)
花島直樹 (bcl)
ハル宮沢 (g)
青 朔也 (g,voice)
金子いづみ (key)
鶴田聖子 (key)
ヒゴヒロシ (b)
大沼士朗 (ds)
宗 修司 (ds)
片貝大洋 (per)
吉田みほ (per)
反町鬼郎 (voice)
伊郷俊行 (voice) on #8
乳房知らズ(さやか、ルビー) (dance)

1992/12/25 #1-7
1995/12/22 #8

記:2004/07/13

 - ジャズ , ,