カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

シナトラ・アット・ザ・サンズ/フランク・シナトラ

      2017/05/21

Pocket

Sinatra at the SandsSinatra at the Sands

1966年の年初。

フランク・シナトラが、ラスベガスのホテル「サンズ」で行ったコンサート。

バックバンドはカウント・ベイシー楽団。
編曲と指揮はクインシー・ジョーンズ。

極上の組み合わせですね。

これはもう本当、「うまい!」としか言いようがないのですが、その「うまい」とは、歌や演奏が巧みの「巧い」も当てはまるし、サウンドやムードがたまらなく「デリシャス」であることから「美味い」という文字も当てはまるし、とにかく隅から隅まで名人芸を堪能できるということから、「上手い」という文字もあてはまる、「うまい」だらけのサウンドがパッケージングされているのであります。

LPでは、時間の関係上カットされているということで、71分の極上タイムをノーカットで満喫したいがためにCDを買い直している人も多いようです。

お気軽、かつ楽しい贅沢タイムを過ごしたければ『シナトラ・アット・サンズ』は、かなりのオススメアルバムだと思います。

英語がわかる人はシナトラのMCも結構楽しめるんじゃないかと。

記:2012/10/05

album data

SINATRA AT THE SANDS (Universal)
- Frank Sinatra

1.Come Fly With Me
2.I've Got A Crush On You
3.I've Got You Under My Skin
4.The Shadow Of Your Smile
5.Street Of Dreams
6.One For My Baby (And One More For The Road)
7.Fly Me To The Moon (In Other Words)
8.One O'clock Jump
9.Frank Sinatra Monologue
10.You Make Me Feel So Young
11.All Of Me
12.The September Of My Years
13.Luck Be A Lady
14.Get Me To The Church On Time
15.It Was A Very Good Year
16.Don't Worry 'bout Me
17.Makin' Whoopee
18.Where Or When
19.Angel Eyes
20.My Kind of Town
21.A Few Last Words (Monologue)
22.My Kind Of Town (Reprise) - Frank Sinatra

Frank Sinatra (vo)
Count Basie (p)
Bill Miller (p)
Quincy Jones (arr,cond)
Harry "Sweets" Edison (tp)
Al Aarons (tp)
Sonny Cohn (tp)
Wallace Davenport (tp)
Phil Guilbeau (tp)
Al Grey (tb)
Henderson Chambers (tb)
Grover Mitchell (tb)
Bill Hughes (tb)
Marshall Royal (as)
Bobby Plater (as)
Eric Dixon (ts)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Charlie Fowlkes (bs)
Freddie Green (g)
Norman Keenan (b)
Sonny Payne (ds)

1966/01月,02月

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。