カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ

      2017/05/20

ソウル・ステーションSoul Station

以前、私のホームページの掲示板で、「コーヒーを飲みながら聴くジャズは?」という質問を受けたことがある。

迷うことなく、この盤を推薦した。

もっとも、同時に他の盤も何枚か勧めたが……。

これほど「コーヒーで一息」といったシチュエーションに相応しいアルバムも無いのではないか? と、私は思っている。

このウォームでリラックスした演奏は、「ちょっと一息」入れるのに相応しい。

安定して力強い、チェンバースのベースとアート・ブレイキーのドラミング。
軽やかで小気味の良いウイントン・ケリーのピアノ。

そして、伸びやかに、暖かいトーンを奏でるモブレイ。

疲れた心と身体を快適にマッサージ。

なんて言うと、ちょっと年寄りじみているが、このアルバムのモブレイのソフトな語り口とでも言うべきテナーサックスを聴いていると、本当にそんな気分になってくる。

一気に気持ちが解放された気分になる、オープニングの《リメンバー》。

イントロがじわりと染みる《ジス・アイ・ディグ・オブ・ユー》。

ケリーのちょっぴりダークなピアノのイントロと、モブレイ流の素晴らしいブルース解釈を楽しめる《ディグ・ジス》。

アート・ブレイキーの気配りの利いた細やかなドラミングも楽しめる《スプリット・フィーリン》。

気怠さと、ブルージーなフィーリングがうまくマッチしている《ソウル・ステーション》。

モブレイのマイルドなトーンと絶妙のマッチを見せる《イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー》。

どの曲をとっても絶品だ。

『ソウル・ステーション』は、モブレイには珍しいワンホーン・アルバムだ。

モブレイは、他にホーンの共演者がいると、場合によっては、彼らのプレイに引きずられがちなサックスを吹いてしまうこともある。

そんなことからも、やはり終始マイペースで、リラックスした気分の中、彼ならではの個性を発揮している本盤が良い。

彼の個性とは、控えめな語り口、慎み深くどこか一歩引いたところ、人柄を反映しているのか、どこか奥ゆかしいところ、そして、それらが反映された「間」の美学だ。

最高のリズムセクションをバックに、心ゆくまで、モブレイの素晴らしさを堪能出来る作品。

私は、このアルバムをモブレイの最高傑作だと信じて疑わない。

album data

SOUL STATION (Blue Note)
- Hank Mobley

1.Remember
2.This I Dig Of You
3.Dig Dis
4.Split Feelin's
5.Soul Station
6.If I Should Lose You

Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Art Blakey (ds)

1960/02/07

記:2002/06/27

 - ジャズ , ,