カフェモンマルトル

text:高野雲

*

スタンダーズ Vol.1/キース・ジャレット

      2017/05/30

Pocket

スタンダーズ VOL.1Standards vol.1

オール・ザ・シングズ・ユー・アー

このアルバムの演奏は、なにはさておいても、《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》が良い。

この曲はコード・チェンジの面白さゆえか、ビ・バップの頃より、様々なジャズマンに取り上げられてきた曲だ。

チャーリー・パーカーは、この曲のコード進行を拝借して《バード・オブ・パラダイス》を吹き込み、ケニー・ドーハムは、アート・ブレイキー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズの『カフェ・ボヘミア』で、この曲のコード進行のナンバー《プリンス・アルバート》を力演した。

また、ビ・バッパーとは異なる派閥であるレニー・トリスターノによるリー・コニッツの知的な名演から、クール派の代名詞ともなっている曲でもある。

とにかく、過去より様々なミュージシャンが取り上げ、もはや演奏されつくした感すらある、それこそ手垢のつきまくったスタンダードの《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》という曲(個人的には好きだけど)。

しかし、キース・ジャレットのトリオが奏でるスリリングな演奏を聴いてしまうと、まだまだスタンダードにも未知の可能性があるのだなと思い、嬉しくなってしまう。



sponsored link



次第に演奏ヒートアップ

演奏が進めば進むほど、勢いと熱量がアップしてゆく様はとてもスリリング。

ジャック・ディジョネットの畳み掛けるようなドラミング、そしてそれに比例するかのように次から次へと、まるで時間の流れを凌駕するかのごとく、美しいメロディを紡ぎ上げてゆくキース。

聴いているこちらの気持ちもどんどん高揚してくる。

長尺演奏もまったく気にならないし、むしろ、呆気なく終わるラストに、「え!もう終わり?」と飢餓感がつのるぐらいだ。

おそらく、この新鮮な《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》でキース・ジャレット率いる「スタンダーズ」の虜になった人も少なくないのではないだろうか?

「メロディ」の人たち

キース・ジャレットのピアノで特筆すべきは、「音色」の美しさと、「メロディ」の美しさだと思う。

サウンド・クオリティに、独自の哲学を持っているECMレーベルでの吹き込みが多いこともあるが、ピアノの音色が非常にクリアで綺麗な人だと思う。

そして、メロディの美しさ。

そう、今さらながら、キース・ジャレットは、とことんメロディの人なのだと思う。

溢れるように、メロディが次から次へと自然に沸いてくる人。

湧いてきたメロディをすかさず捕え、すぐさまピアノを媒介に次から次へと中空に放り投げてゆく。

時折、ピアノの音よりも大きいんじゃないかと思えてしまう奇声も、自然発生的に湧き出てきたメロディのバイブレーションが全身に漲るのだろう、鍵盤を操作する指先だけでは飽き足らずに、ついつい口のほうからもメロディが漏れてしまうのだと思う。

そして、「メロディの人」キースが、なぜ、伴侶となるベーシストとドラマーに、ゲイリー・ピーコックとジャック・ディジョネットを選んだのか?

それは彼らも「メロディの人」だからだという。

ゲイリー・ピーコックはピアノを弾く。

ディジョネットにいたっては、ピアニストとして作品も出している。

つまり、メロディを「分かっている」人たちとともに、このアルバムを作りたかったというキースの意図の元、彼ら2人はキースから直々にオファーを受けたのだそうだ。

メロディを「分かっている」者同士が、手垢のついたスタンダードを演奏しなおせば、また新たな息吹を曲に込められるかもしれないと考えたのかもしれない。

そこが、このトリオ以前のメンバー、チャーリー・ヘイデン(b)とポール・モチアン(ds)の違いだと、キース自身もインタビューで語っている。

トリオとしてのコンビネーション

メロディ重視の人選で集まった3人だが、演奏そのものは、非常に高度で緊密なものだ。

リハーサルなしで、いきなりのレコーディングだったそうだが、にわかに信じがたいほどのコンビネーションだ。

躍動感にあふれている。

一体どこまで遠くに飛んで行っちゃうんだろう?とハラハラしてしまうほどのスリルと、凄腕のリズム陣による「動」の要素。

この要素が三位一体となり、信じがたいバランス感覚でまとまっているのが、キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットによるトリオ、「スタンダーズ」だと思う。

本来であれば、この1枚のために集まったトリオなのだが、本人たちの予想を上回る人気を獲得し、第二作のレコーディングへと続き、長らく彼ら3人が活動を共にすることになったのも頷ける。

ゲイリー・ピーコックも、ジャック・ディジョネットも、このスタンダーズでの演奏が、もっとも創造性を発揮できると語っていることからも、既存のスタンダードに新たな息吹を吹き込むという作業は、保守的なようでありながらも、達人のレベルになればクリエイティヴな行為になってしまうのだろう。

記:2002/03/21

album data

STANDARDS,vol.1 (ECM)
- Keith Jarrett

1.Meaning Of The Blues
2.All The Things You Are
3.It Never Entered My Mind
4.The Masquarade Is Over
5.God Bless The Child

Keith Jarrett (p)
Gary Peacock(b)
Jack DeJohnette(ds)

1983/01月

●関連記事
>>スタンダーズ・ライヴ’85(完全版)/キース・ジャレット

 - ジャズ ,