スティーミン/マイルス・デイヴィス

      2017/05/22

Pocket

スティーミンスティーミン

1956年、大手メジャーレーベルと契約したマイルス・デイヴィスは、これまで契約していたプレスティッジ契約枚数を消化するために、この年の5月と11月に、一気に大量の曲をレコーディングした。

これが、有名な「マラソン・セッション」と呼ばれるレコーディング。

ほとんどすべての演奏をワンテイクで仕上げ、レコーディングされた曲は、4枚のレコードに分けて発売された。

この4枚が、名盤の誉れ高い『クッキン』、『リラクシン』、『ワーキン』、『スティーミン』だ。

録音から4年後、最終的に発売されたのが、この『スティーミン』。

個人的には、正直言って、『クッキン』や『リラクシン』に比べると、個人的には印象が薄いアルバムではある。

もっとも、この印象の薄さは、ただ単に「それほど聴き込んでいない」という単純かつ個人的な理由からくるもので、内容の良し悪しの問題ではない。

だから、たまにライブラリーから取り出して聴くと、「やっぱ、いいじゃん、これ!」。

印象薄いだなんて思っていた自分を恥じる。

《飾りのついた四輪馬車》のマイルスの丁寧な“歌唱”。

品よくサポートするガーランドも素晴らしいではないか。

♪ソッピーナッ、ソッピーナッ!

の歌唱を潔く取り払い、楽器演奏のみに徹した《ソルト・ピーナッツ》は、当時の黄金のクインテットの纏まりの完璧さと、卓越したチームワークを楽しめる。

フィリー・ジョーのドラムソロもエキサイティングだ。

そして、個人的にフェイヴァリットな《サムシング・アイ・ドリームド・ラスト・ナイト》に《ダイアン》。

嗚呼、なんて格調高い演奏なのだろう。

この『スティーミン』は、たしかに、他の3部作と比較すると、地味な曲、演奏ばかりなのかもしれない。

『クッキン』には《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》、

『リラクシン』には《イフ・アイ・ワー・ア・ベル》、

『ワーキン』には《イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド》。

他の3枚には、有無を言わさぬ“決め球”があるが、残念ながら『スティーミン』には、“この1曲”という存在、つまり強烈に“アルバムの顔”を主張する曲が無いのが、他のアルバムに比べると損をしているところなのかもしれない。

しかし、全体を貫く格調の高さは、他の3枚よりも1歩抜きん出ているんじゃないかと思う。

キャッチーな“トレードマーク”が無いかもしれないが、代わりにマイルスのハードボイルドな美学をアルバム全体から感じ取るべきだ。

曲の構成にも起伏があり、ひとつの『スティーミン』という物語を形成しているかのよう。

昼に聴いても良いが、どっぷりとこの世界に浸かるには、やはり夜に聴くのが良いだろう。できればボリュームは大き目に。

もしかけてもらえるのであれば、バーのカウンターで聴くと最高だ。

記:2007/01/09

album data

STEAMIN' (Prestige)
- Miles Davis

1.Surrey With The Fringe On Top
2.Salt Peanuts
3.Something I Dreamed Last Night
4.Diane
5.Well,You Needn't
6.When I Fall In Love

Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

1956/05/11
1956/10/26 #5

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。