カフェモンマルトル

text:高野雲

*

スピリチュアル・ユニティのサニー・マレイ

      2017/05/21

Pocket

Spiritual UnitySpiritual Unity

アイラーの絶叫に近い“肉声”に魅せられ、ノックアウトされていた自分がいたが、どうも、このアルバムだけは、ほかのアイラーとは肌触りが違うということに、最近気が付いた。

音の過激さと同時に柔らかさも常に兼ね備えているアイラーの“肉声”は、どういうわけか、このアルバムに限っては限りなく“硬い”のだ。

気が付くキッカケは、サニー・マレイのドラミングにまで耳が行くようになってから。

このアルバムの演奏、最初はアイラーの咆哮に最初は耳を奪われるが、だんだんサニー・マレイのシンバルのヤバさに耳が移行してくるのだ。

セシル・テイラーのカフェ・モンマルトルのライブでのプレイもそうだが、彼のシンバルワークは限りなく細かい。

分子レベルにまで分割されたビートが再構築され、巨大なウネリと高揚感を出すかのごとくだ。

アイラーは、彼のドラミングに煽られ、急き立てられているのではないのだろうか?

もちろん良い意味で。

それにプラスするように、ゲイリー・ピーコックの硬質かつダークなベースも、いつもと違うアイラーを引き出すのに一役買っていると思う。

過激な中にもオトボケの要素があり、だからこそ、魅力のあるアイラーのテナーだったが、『スピリチュアル・ユニティ』では、彼の中のニコヤカな表情が陰をひそめ、ひたすら嵐のようにテナーを吹き鳴らす鬼神に変身している。

それこそ“なにか”に取り憑かれたように。

その“なにか”の正体は、おそらく、サニー・マレイのドラムだ。

しかし、こんなに凄いドラマーでも、世間の評価は冷たい。いや、すでに忘れされているのか、あるいは、最初から認知されていないのか。

ニューヨークの街角の一角には、
「ドラム、教えます  サニー・マレイ」
という張り紙が。

現在の彼は、細々とドラム教室で生計を立てているようだ……。

記:2006/02/07

album data

SPIRITUAL UNITY (ESP)
- Albert Ayler

1.Ghosts :first version
2.The Wizard
3.Spirits
4.Ghosts :second version

Albert Ayler (ts)
Gary Peacock (b)
Sunny Murray (ds)

1964年7月

関連記事

>>スピリチュアル・ユニティ/アルバート・アイラー

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。