カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

スウィート・ファイヤー/ローランド・カーク

      2017/05/23

Pocket

Sweet FireSweet Fire

C.パーカーか?!

最初の《マイ・リトル・スウェード・シューズ~グルーヴィン・ハイ》。
この演奏、サックスを吹いている主を明かさずにパーカー好きに聴かせたら、多くの人が「やっぱりパーカーっていいねぇ」と嬉しそうな顔をしそうだ。

もちろん、吹いている人はローランド・カーク。
おそらくは彼がいつも肩からかけていたストリッチ(カーブをしていない真っすぐなアルトサックス)を吹いているのだろうが、とにかく音色もリズム感、独特のタイミングや間の取り方はパーカーそっくり!

しかも演奏自体も、ぐいぐいと前に前進してゆく「陽のオーラ」を発散しまくっているので、楽しいのなんの。

ローランド・カークの代表作かつ初心者にオススメのアルバムとして、よく『ドミノ』が推奨されることが多い。

『ドミノ』の《ドミノ》は確かに素晴らしい演奏だが、このライヴ盤の『スウィート・ファイヤー』の勢いある演奏と比較すれば、なんて辛気臭い演奏なんだろうと思ってしまうほどなのだ。

最初に聴くべきカークは、あくまで私が人に紹介する場合ではあるが、小ぢんまりとまとまった『ドミノ』よりも、演奏と快楽のスケールがドデカい『ヴォランティアード・スレイヴリー』か、この『スウィート・ファイヤー』が相応しいのではないだろうか。

ライヴ盤に接したほうが、奔放かつ何でもありの雑食音楽家・カークの幅広い表現レンジをあますことなく味わうことが出来るからだ。



sponsored link



「重たい・軽やか」のメリハリ

もちろん、パーカーナンバーを心地よく演奏する冒頭の軽快なナンバーだけではなく、《スウィート・ファイヤー》のような重厚な演奏もある。

しかし、前半の《ローラー・コースター》を含むと20分を優に超える長尺演奏だって、飽きることなく最後まで聴けてしまう。

この重たい演奏の後に軽やかに繰り広げられる《サーチ・フォー・ザ・ラサーン・ホワイ》で一気に解放感。
このナンバーは、《ラヴ・フォー・セール》とクレジットされているが、少なくともコール・ポーター作曲のスタンダード・ナンバー《ラヴ・フォー・セール》ではなく、《サーチ・フォー・ザ・ラサーン・ホワイ》の誤りだろう。

また《プチ・フルール》もダークで重たい演奏だが、この後に展開される《聖者が町にやってくる》で一気に解放感。

このライヴは「重⇒軽」のメリハリ、緩急で構成されているのも、まったく退屈せずに聴ける大きな要因なのだろう。

もちろん、その背景にはカーク以下の卓越した演奏力があることはいう間でもないが。

4ビートのナンバー

大傑作の『ヴォランティアード・スレイヴリー』でカークの虜になった人も多いと思うが、このアルバムに収録されている目玉曲のひとつ、スティーヴィー・ワンダーの《マイ・シェリー・アモール》が、こちらの『スウィート・ファイヤー』に収録されているのが嬉しい。

もっとも、演奏のテンションや盛り上がりは、『ヴォランティアード・スレイヴリー』のほうが上だが、こちらはこちらで十分楽しめる。

特に、4ビートのナンバーが『ヴォランティアード~』と比較すると多めなことからも、オーソドックスかつストレートアヘッドな4ビートジャズが好きな人でも安心して手を伸ばすことが出来るだろう。

記:2016/11/09

album data

SWEET FIRE (Jazz Hour)
- Roland Kirk

1. My Little Suede Shoes/Groovin High
2. Petite Fleur/ When The Saints Go Marching In
3. Roller Coaster/Sweet Fire
4. Love For Sale Serch For The Reason Why/Bags Groove/My Cherle Amour
5. Three For The Festival
6. Boogie Man Song

Roland Kirk (ts,strich,manzello,siren,fl,nose fl,whistle,vo)
Dick Griffin (tb)
Ron Burton (p)
Vernon Martin (b)
Harold White (ds)
Joe Texidor (per)

1970年

関連記事

>>ヴォランティアード・スレイヴリー/ローランド・カーク

 - ジャズ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。