スリー・ストーリーズ・ワン・エンド/サイモン・ナバトフ

      2017/05/19

Pocket

Three Stories, One EndThree Stories, One End

いやぁ、見事に漂白してくれたものだ。

セロニアス・モンクの《エピストロフィ》、ジョン・コルトレーンの《ジャイアント・ステップス》、ソニー・ロリンズの《セント・トーマス》……。

「そうそうたるジャズマンの、そうそうたる曲たちを、丁寧にアク抜き・油抜きしたら、こんな仕上がりになりました。お口に合いますでしょうか?」

そんな、サイモン・ナバトフ料理長の声が聞こえてきそうだ。

はい、もちろんです。

そして、「腹八分目で、料理の味と、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。」という言葉も付け加えたい。

もちろん、皮肉ではなく。

黒人ジャズ、特に50年代のブルーノートやプレスティッジなどの音源には絶対に求め得ないサウンド・カラーがそこにはある。

「真っ黒」とは対極な、サイモン・ナバトフの「真っ白」なノリとニュアンスは、それはそれでかなり気持ちの良いものがある。

難解ではなく、平易で親しみやすい演奏内容も幸いしているのだと思う。

特に、タイトル曲の《スリー・ストーリーズ・ワン・エンド》は、ベースとピアノによって執拗に繰り返されるリフと、それにかぶさる優しい旋律は、まるで柔らかい子守唄を聴いているようで、とても心地よい気分になれる。

そう、ナバトフのピアノは柔らかいのだ。

決して、コチコチでカチカチで観念的なピアノではない。

時折、フリージャズ的な調整を逸脱したかのようなアプローチも見せるが、不思議なことに、それとて、耳に優しいのだ。

エネルギー感と、躍動感には乏しいものの、ストイックなほどにスタティックで上品なピアノ。こういうピアノも悪くない。

部屋の空気も、しっとりと落ち着いた空間に早変わりしてしまうほど、クリーンで、清潔で、趣味の良いピアノだと思う。

アール・デコ調に変形された(?)、《ジャイアント・ステップス》や《エピストロフィ》に興味のある方は、是非耳を傾けていただきたいと思う。

album data

THREE STORIES,ONE END (ACT)
- Simon Nabatov

1.Three Stories,One End
2.Emily
3.For Herbie
4.Epistrophy
5.Groofta
6.I Wish I Knew
7.Giant Steps
8.St.Thomas
9.Wish I Were There

Simon Nabatov (p)
Drew Gress (b)
Tom Rainey (ds)

2000/11/13-14

記:2002/06/10

●関連記事
>>サイモン・ナバトフのピアノで、新鮮な《セント・トーマス》や《ジャイアント・ステップス》を味わう

 - ジャズ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。